(無題)

February 23 [Thu], 2012, 1:55
田んぼを飛ぶ赤とんぼや霜が降りた土をザクザクと踏む感触、春の川沿いに吹く爽やかな風、どこまでも青い夏の空。僕にとっての地球はあそこだった。今なら宇宙船に田舎に似た風景を作って宇宙彼方を旅するSFの主人公達の気持ちがわかる。
幾度となく感じてきた郷悠とはまさにこのことか。結婚式の招待状が来てそんな事を考えた

(無題)

February 23 [Thu], 2012, 0:46
愛してるの言葉の重みを今更感じる。ブーメランの軌道のようになだらかにカーブしながら手元に帰ってくる感覚をなんども確かめないと

粘れっ!!

January 22 [Sun], 2012, 23:19
くやしくて、情けなくて、自分のことで精一杯で、ヘトヘトだ。
でも それでも
そんなもんか?まだまだそんなんで諦めるお前ではなかったはず。
昔のお前の方がひたむきだったんじゃないの?

泥にまみれても、なお、前へと進むものであれ。

負けてたまるか

人が人を呼ぶ

January 22 [Sun], 2012, 23:13
辛いこと、悲しいこと色々あるけれど、
嬉しいこと、楽しいこと、すごく小さいことだけど、
その瞬間を逃さず、やっていこう。

恋愛映画なんて見たくも無い人なのだが。

November 07 [Mon], 2011, 21:42
ジョゼと虎と魚たち 今なら見てみたいと思う。彼らの心の変化と自分自身が重なってしまう気がして、落ち込んでしまうかもしれないが。

(無題)

November 02 [Wed], 2011, 8:40
自分が弱いから 人を傷つける

まだまだ子供ってことだ。

子供はいつも不安なものだ

June 04 [Sat], 2011, 2:17

人生において健康が目的ではないが、体が元気なことは、精神が肉体に隷属している以上、精神も健康になる。
タバコを辞めてはや一年半、時折痛んだ肺も健常になりつつあると思われる。
タバコもお酒も特に必要を感じない。
そう振る舞いたかっただけだ。
まるで 汚れた社会に属していることをアピールしているかのように。
そしてそれで安心したかったのだろう。
大人の味って そゆこと。

生きることは戦い 

June 03 [Fri], 2011, 21:02
テクノロジーや原発に関することで何か言うと決まって、
科学は発展しすぎた、人間は自然に帰らなくてはならないと主張する人がいる。
そいうったことは個人的には認められることだ。
しかし、社会全体がそちらに進むことはありえないだろう。
僕も田舎育ちで田舎が好きだし、そういった生活も悪くはないと思うし
日本は農業を蔑ろにしているとさえ思っている。
だが、農業というのがすでに、人工的な営みだ。
田畑で収穫される食物は、「養殖」されたものであり、品種改良されたものだ。
とても自然の姿だとは言えない整然と管理された畑で作られたものだ。
科学がそれを成し遂げた。水産業しかり、林業しかり。
手作業で苗を植え、銛で魚をとっていた時代よりもはるかに工業的になっている
でなければ、今のこの人口を支えることはできない。ましてや過去に戻ることもできない。
王様だけが自由だった時代と比べて、今の時代はたくさんの人が自由になった。
それは、人間が築いた秩序であり、それを支えるのは科学技術という知恵だ。

陰翳

May 26 [Thu], 2011, 20:40
実家では蛍がいた。縁側のすぐ下に、大きな平らな石があって、
縁側に腰掛け、そこに足をおいてみると庭のひっそりとした風景をみることができた。
そこに蛍もいた。まだひんやりと冷たいが、わずかな熱を感じる夜、月明かりを見つけて、
まだ蚊も少ないから、ガラっとあけてしばらくすると
苔が生えた場所にふわっと 浮かんでいる。
その美しさを見て育った。
年を重ねれば重ねるほど、その光の美しさは際立つ。
家が新しくなって、庭や畑の風景もがらりと変わった。
僅かなスペースだが、あの眺めが二度と見れないと思うと、さびしくなる。
東京にでて、いろいろ変わったようだ。家だけが新しくなった。
人間、何かを得る時は、何かを失うものというのも否定しないが、
得る機会を得られなかった、つまり、得るものばかりだとポジティブに考えることもできる。。
しかし、何かを失ったのもまた事実。
蛍たちがもどってきてくれた時、やっと、あの家があの土地に馴染み、自然から許されたとみなされるような気がする。
それだけが、土地を離れ、置き去りにしてきた、自身の少しの慰めになるかと思われる。

ずっと勘違い野郎

May 28 [Thu], 2009, 19:41
あの 思ったんだよ。
俺は本を読んだり 話を聞いたり その人の過去を知って
偉大な人の人生を辿った気になってた部分がやっぱ少なからずあったんですよ。
もちろん そこで観たことから考えたことは自分のものだけど
いやいや やっぱり 自分一人の心で感じたこと から 考えたことだけが
俺自身の言葉だと思うんですよね。
んなもん 前からわかってるっつーの!だけど ちょっとでもそこに油断があったとこ、
その 辿ってた気になってたとこに自分にすごく腹が立ったんだよ。
でも やっぱり 探しますよね。どうあるべきか?みたいなことを自分がそうだなと思うことを
より具体的に言ってくれる方を でも それをそのまま 鵜呑みにはやっぱできないわけですよ。
ニュートンの定理を理解したからと言って ニュートンにはなれないんですよ。
もっといえば カエサルを理解するためにカエサルになる必要はないんですよ。
借り物じゃ話はできねぇんだわ。 
だからさ こう 誠実に 丁寧に 生活をしていこうと あらためておもったわけですよ
あれ?後退してる?
P R
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

カテゴリアーカイブ
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント