アメリカの大学、学位

April 01 [Fri], 2016, 11:49
最近世間の話題にちょっと賑わせていた「ハーバード大学MBA取得」。「ハーバード」はわかるけど、MBAって、何?って感じですよね。

これは「Master of Business Administration」の略で、要するに「経営専門の大学院卒業した」というなのです。
アメリカの大学の仕組みはちょっと日本のとは違うので説明しますね。

大学卒業には
2年制大学 Associate
4年制大学 Bachelor
大学院   Master
大学院修士課程 PhD
という「学位」で表します。

日本では入りたい大学の学部を選んで受験して、4年、または2年間通って単位を取得すると「○○大学××学部卒業」という肩書が付きます。
しかしアメリカでは大学に入ってから何を勉強したいか、4年制か2年制か、を選べるのです(選べないところもあります)。もちろん途中で変えられます。そして4年制、または2年制を卒業するために必要な単位数、必須科目、授業などを専攻する学部の先生と話し合いながら決めて、それらの単位が取得できれば卒業になります。

なので、たとえば4年制の単位をがんばって2年で取ってしまう人もいます。それでも4年制大学卒業に必要な勉強は全部しましたよ、という人は[Bachelor]という学位がもらえるのです。勉強したいものがたくさんある人はいくつでも専攻できます。みんな一緒のキャンパスなので、「化学」を専攻している人が「美術」も専攻したりしている人もいるのです。おもしろいですよね。私も初めて知った時はびっくりしましたが、自由なんだなぁとつくづく思いました。

そこで本題の「MBA」。これはbusiness(経営)専攻のmaster(大学院)を卒業しましたよ、ということなので、どこの大学の「MBA」を持っていても「経営スペシャリスト」ということになりますので、就職にはかなり有利になるようです。私は2年制の単位を取るのもアップアップだったので、「ハーバードMBA」持っている日本人なんて雲の上の存在、神様みたいにすごい人なんだなぁ、と思っています。だって本当にすごい勉強量みたいですから。

「MBA」は無理だとしても、この自由なシステムが魅力で私もアメリカに行きたい、という気持ちが強くなったのですが、なんせ全然英語がだめな私にはいくつもの障害がありました。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まゆうま
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1968年5月13日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
学生時代、英語の成績が悪かった私が「自由な国」ということでアメリカに渡り、短大に入り、周りの人たちに助けられながら少しずつわかるようになった英語のこと、日本に帰って来てからわかったことをお伝えしたいと思ってます。
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eikaiwa-tateba/index1_0.rdf