ニュースとつながらない。

January 20 [Wed], 2010, 12:44
国際ニュースとつながっていたのですが、リニューアルでそのつながりがなくなってしまったようです。

_| ̄|●

ニュースに一言書くのが楽しくなっていたのでかなりがっかりです。

ですのでここは思い切って引っ越ししたいと思います。

アメブロの方にも私のブログがありまして、そちらお今後メインのブログに格上げしたいと思います。

本の感想等はこちらに見たいと思いますのでブログはこのままということで・・・。

リニューアルで大混乱。

January 19 [Tue], 2010, 12:46
つながらない。

開かない。

機能しない。

しばらくはまともに動いてくれそうもないと予感させる何かがあるな。

_| ̄|●

日航、米デルタと包括提携で基本合意

January 16 [Sat], 2010, 14:21

支援は受けるみたいね。

よかったよかった。

しかしこの先の道は遠いんでしょうねぇ。

がんばってもらいたいものです。

出来れば国からの支援なしにやってもらいたいものです。


そのためにも今作られている無駄な空港はすぐに工事を止めるべきです。

出来たばかりの新しい空港も今後の使用方法を考え直した方がよいように思います。

そんなに空港はいりません。

世界の医療団は、ハイチ大地震の緊急支援を開始します。

January 15 [Fri], 2010, 14:16

酷いことになってるようですが、情報はなかなかこちらには入ってきませんね。

支援の輪が広がることを祈ります。

それくらいしか出来ない歯がゆさもあります。

グーグルへのサイバー攻撃は「中国の情報活動の一環」、専門家

January 14 [Thu], 2010, 16:43

いまだ中国では「天安門事件」と検索できないという…。

何がしたいのかどこに生きたいのか中国。

共産主義とは名ばかりの金の亡者になり果てたか。

まともな国に早くなって欲しいが当の本人はそんな事はどこ吹く風といった様子だ。

今の中国はいびつなものになっている。

資本主義の恩恵を受けるのならばそれなりの国になっていなくてはならない気がする。

だがどうにもそのようにはなっていない。

(*´-д-)フゥ-3

嫌だいやだ。

日航株、2日連続のストップ安 終値は7円

January 13 [Wed], 2010, 16:52

アメリカの支援を無視してまで独自の再建にかけるらしい。

潰れなきゃいいのだけれど・・・。

ゥ──σ(・´ω・`;)──ン

JALだけでなく日本そのものもダメになって行きそうでなんだか怖い気がします。

冷静な判断は出来たのでしょうか?

支援の手を振り切る動機はなんなのでしょうか?

この国はかつての栄光にすがりつき生きていくのでしょうか。

それとも現状を冷静に見つめ生き抜く道を選びだせるのでしょうか。

今度の件はその試金石になる気がします。

私個人としてはこの選択は失敗だったような気がしてなりません。

ε-(o´_`o)ハァ・・

【図解】シー・シェパードの未来型超高速抗議船「アディ・ギル」号

January 12 [Tue], 2010, 16:25

これが例の船です。

未来型と格好をつけて言っております。

ただの悪ふざけとしか思えません。

悪質このうえないです。

彼らも反省して今後の方針を変えてくれればいいのですが、なかなかそうもいかないのでしょう。

今後もこのようなことが続くなら日本政府ももう少し強い態度に出た方がよいのではと思うのですが、政府もこの件に関して弱腰の面もありどうなることやら。

ε-(´ω`●)ハァ・・

過激派シー・シェパード、豪でも反感高まる

January 11 [Mon], 2010, 12:49
 【シンガポール=岡崎哲】今月6日に発生した日本の調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」と米国の反捕鯨団体シー・シェパードの小型高速船「アディ・ギル号」の衝突が、高速船の大破など過去最悪の被害となり、同団体に同情的だったオーストラリアで過激行動への反感が募っている。

 不満は、エスカレートする事態を止められない豪ラッド政権にも向かっている。

 「政治家と記者は(シー・シェパードの)活動家への支援をやめるべきだ」――。豪有力紙「オーストラリアン」は8日付の社説でこう訴えた。一連の抗議行動を「傲慢(ごうまん)で理屈に合わない」と切り捨て、シー・シェパードとの「決別」を宣言した。同紙のサイトで実施された読者投票で衝突責任の所在を尋ねたところ、約64%が「シー・シェパード」と回答した。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙の社説もシー・シェパードの行為を「違法すれすれの極めて危険な遊び」と非難。日本側の「防衛的措置は合法」とした。

 捕鯨海域に近い豪州は、シー・シェパードの事実上の出撃拠点で、資金の主要供給源でもあった。衝突直後には日本を批判する意見が強かったが、最近は矛先が反捕鯨団体に転じた。背景には、衝突時の映像が広がり、団体の無謀な抗議行動がひとつ間違えば人命にかかわる事態となっていたことが判明、反感が広がった事情がある。

 こうした風向きの変化にもかかわらず、ラッド政権は衝突後、「(捕鯨船団と抗議側の)双方に危険行為の自制を求める」と公式発言を繰り返すにとどまっている。野党などからは、「豪州から船を派遣して双方の動きを監視すべきだったのではないか」などと無策批判が一斉に上がった。

 そもそもラッド労働党は2007年の総選挙で、「日本の調査捕鯨の違法性を国際法廷で訴える」と公約、反捕鯨の環境団体「グリーンピース」の元理事ギャレット氏を環境相にすえた。だが、その後は「外交努力」をうたうだけで具体的行動は見送ってきた。

 政府内には、主要貿易相手国である日本との関係悪化への懸念に加え、国際司法裁判所などに持ち込んでも「勝てる保証はない」(ギラード副首相)との計算があるようだ。豪州の主張は、自国が南極大陸の一部に領有権を持ち、その沖合は「排他的経済水域」(EEZ)にあたるため、「この海域での日本の捕鯨は違法」という論拠だ。

 だが、領有権が確定していない南極でEEZを主張するには無理があり、「国際法廷で南極領有が否定されれば、かえって国益を損なう」との懸念がうかがえる。ラッド政権は年内にも行われる総選挙をにらみ、世論と国益確保のはざまでジレンマに陥っている。



やっとかい。

┐(´〜`;)┌

日航、米航空の出資受けない方針 CEOは京セラ稲盛氏に打診

January 11 [Mon], 2010, 11:57

支援の申し込み断って再建を目指すかぁ。

そう簡単にうまくいくのかなぁと感じますけどどうなんでしょう。

ナショナルフラッグとしてのメンツのために支援を断ると言うなら何とも愚かな決断だと言わざるを得ない。

今後どのように再建の道をたどるのか注意深く見守りたいものだ。

ダライ・ラマがブッダ悟りの地で説法、リチャード・ギアも参加

January 10 [Sun], 2010, 16:47

チベット問題どうにかならんかね。

ダライ・ラマの彷徨はいつまで続くのだろうか。

中国をどうにかしないといけない。

あの国の現状は異常である。

選挙もしたことないような国が偉そうなことを言いながら、他国への影響を広めている。

その金は日本からの円借款だったりする。

チベットも新疆ウイグルも内モンゴルも満州も中国ではない。

戦後のどさくさに勝手に編入しただけだ。

そもそも戦勝国として安保理の拒否権を持つこと自体がおかしい。

あの戦争で中国は勝ってなどない。

おかしなことがまかり通る嫌な世の中だ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:エイチ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:7月26日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:埼玉県
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書-大江健三郎 村上春樹 昭和史関連など 
    ・スポーツ-散歩(ジョギング?)
    ・インターネット-調べものしてブログにアップ(?)
読者になる
SAD パニック障害 鬱治療中(こころの病です。)

心の解放に勤めていますが、やや暴走気味…(゚∀゚ ;)タラー。
治りカケだと信じつつ日々過ごしています。
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

http://yaplog.jp/eiitisaitoh1/index1_0.rdf
2010年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像三井住友海上自動車保険
» 三四郎 (2013年01月07日)
アイコン画像マスターカード比較
» 赤朽葉家の伝説 (2012年12月14日)
アイコン画像ANAJCBカード プレミアム
» 欧州一の「ロシア・タワー」建設が頓挫、金融危機で駐車場に (2012年12月01日)
アイコン画像みずほ銀行カードローン
» 欧州一の「ロシア・タワー」建設が頓挫、金融危機で駐車場に (2012年10月07日)
アイコン画像即日融資 無担保 ビジネスローン
» 欧州一の「ロシア・タワー」建設が頓挫、金融危機で駐車場に (2012年07月04日)
アイコン画像たくぼー
» 日劇 (2011年06月23日)
アイコン画像渡邊宣明
» 日劇 (2010年12月09日)
Yapme!一覧
読者になる