Courseraで英語の勉強

October 01 [Tue], 2013, 10:46
語学留学をしたとき最初に学校でおこなったことは隣の人との英会話でした。英語に特別自信があったわけではないので、喋りたいことをなかなか言葉に出来ません。ただ先生が隣の人と会話をしなさいといったのは聞き取れました。自己紹介と自分の趣味は伝えられました。英語が少ししかわからないということも相手に伝えることが出来ました。最後は相手にもっと英語が喋ることが出来るようになりたいということをいったら、頑張ってと言われました。少し自信がつきました。
学生、社会人、老若男女の区別無く英会話を習得しようとされる方々が多いようです。なにも、それは近年に限ったことではなく、英語学習への人気は非常に息の長いものです。幅広い層からの支持を集めるだけに、勉強のスタイルも様々であり、書店などで販売されているテキストやテレビ、ラジオを利用しての独学法や、街中などで目にする機会も多い塾、教室などを利用した複数人での勉強など、学ぼうとする方々のニーズや状況にあったスタイルが比較的容易に選択できるのも、英会話学習の高い人気の理由のひとつでしょう。

英語の歌詞を約することは、とても良い勉強になります。私は、大好きなアイドルの歌の英語部分を一生懸命に訳していた時期がありました。やはり大好きな歌の歌詞は、把握しておきたいのです。辞書を片手に一生懸命でした。親も辞書をひいてやっているので、勉強をまじめにやっていると思っていたようでした。私にとっては、遊びの延長だったのですが。これをやっていたおかげでテストで助かったこともあります。歌詞にあるフレーズで文法も覚えられたからです。
英語が通じる国はたくさんあります。たとえその国が英語が第一公用語ではなかったとしても、自国語の他に英語も話せる人は海外にはたくさんいます。ヨーロッパに訪れた経験のある人ならわかると思いますが、イタリアでもドイツでもフランスでも、かなりの確率で英語による意思疎通が可能です。英会話ができるようになれば世界中のたくさんの人たちとコミュニケーションを図れるようになり、それ以前と比べて経験や活躍の場を広げやすくなるでしょう。

最近会社に外人の出入りや海外からの仕事の発注が増えてきて、仕事で英語を使う機会が増えてきたので、英語の勉強をする為に色々な教材を探した。色んな教材を実践したけど、いまいちしっくりくるものが無くて悩んでいたら、ある日知人からイングリッシュアドベンチャーを薦められたので実践したら、これが自分にピッタリ、見る見るうちに苦手な英語を覚えることが出来て、今では英語をペラペラ話せるようになって、仕事の成績も上がりました。
英語のヒアリングを身に付けるためには、ただ聞いてるだけではだめです。例えば、一日中ラジオを聴いていて、自然に聞き取れるようになることはありません。英語に慣れるという効果はあるでしょうが、それ以上の効果は期待できません。何について話しているのかわからないと意味がないのです。単語の意味がわからないで、ただ聞いていて意味がわかることはありません。逆に単語を文字ではなく、ヒアリングで覚えるのが一番いいやりかたです。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/eigoup/index1_0.rdf