どうして英語が使えないの?どうやったら話せるようになるの?

March 30 [Thu], 2017, 10:26
もっと海外との関わる機会を増やして自分の視野を広げたいと思い、社会人になってからも英語の勉強は続けていました。リスニングCDを聞いたり英単語を覚えたり。

勉強自体はそんなに嫌いじゃないので、コツコツ続けることには自信があったものの、努力が実を結ぶことはありませんでした。英語はさっぱり聞き取れないし、話せもしませんでした。


せっかく覚えた英単語も、実際の英会話の場面で生かすことができずにいました。ネイティブと話していて、聞きとれない部分が出てくるとそこで一気に思考停止になってばかりいました。

海外旅行へ行っても最低限の英会話で済ませるだけで、コミュニケーションを楽しむような余裕はゼロ。英会話に対する苦手意識が強くなっていくだけでした。




一時期は自分の語学センスの悪さに吐き気がしたものの、今は何とか英語を話せるようになりました。ビジネスレベルではないものの、日常英会話であればまず困ることはありません。

日本にいる外国人と気軽に話ができるようになったし、海外へ行ったら友達から通訳のように頼られるようになりました。旅行中にトラブルがあっても英語が話せるせいで無事に切り抜けられるようになりました。


今では英語と日本語の境目が良くわからなくなるほど英語感覚が身についたんですが、私がどうやって英語力を伸ばしたのか?その方法をこのブログにまとめました。

TOEICを受けたら800点を突破できるようになったんですが、あなたも私と同じように英会話学習に取り組んでくれれば、それくらいの実力を手に入れることができますよ。



学校英語に致命的な欠陥があった?


英会話を身に着ける上で気を付けたいのは学校英語の感覚を捨てることです。学校で習った英語は「読み書き」に特化しているうえに、リアルの英会話では通用しない表現が多用されているんです。

学校英語は「何年のこの時期にこれを勉強する。」」というのがガチガチに決まっているせいで、使える表現・英単語が制限されてしまいます。


その影響で学校英語で「How can we buy tickets ?」という文章は「どうやってチケットを買ったら良いの?」となるわけですが、英会話だと「(私たちに)チケットなんて買えるわけないじゃない!」という意味で解釈するのが普通なんです。

カリキュラムが厳しく決められているがゆえに、英会話のような自由な表現を学ぶことができず、私たちの英語はネイティブから見るとひどく勘違いされやすいわけです。



英会話を身に着けるには英単語は必要


日本人が英語を苦手にしてしまう元凶は間違いなく学校英語のせいなんですが、けれども最低限の文法知識と英単語を勉強した意味はあります。

英会話ではかなり滅茶苦茶な構文でやり取りしていることが多いものの、ギリギリのレベルで文法は守られています。それに英単語をたくさん知っていたほうがより多くの表現ができます。


英会話を身に着けようと思ったらやっぱり英単語はできるだけ多く知っておいたほうが良いのは間違いありません。中学レベルで間に合わせることはできるけれど、もっとスムーズに話せるなら英単語力は欠かせません。

順番的には「英語を話す」経験をひたすら積み重ねていくことが最優先。それに合わせて英単語を増やしていくのが理想的な英会話の学習法になります。



英会話スキルは話す量X英単語力で伸ばす


では、私が英会話を身に着けることができた理由についていよいよネタばらしします。それはクエッショニングという方法です。質問にどんどん答えていく英会話学習法です。

クエッショニング専用の英会話教材が用意されていて、それを使ってひたすら英語で答えを口にしていったら、それまでつまづいていたのがウソみたいにとんとん拍子で英会話力がアップしていったんです。


クエッショニングでは英語の質問がものすごい勢いで再生されるので、最初のうちは本当についていけません。頭の回転が全く追いつかないんです。

けれども同じ質問を何度も聞き、テキストで質問内容を確認していたら嫌でも聞きなれます。質問されている間に答えを考えられるようになります。


そうするとだんだんと頭が追いつくようになり、次の質問に行く前に答えを言い切れるようになります。自信がついてくると違った答え方もできる余裕が出てきます。

私の場合、英単語の勉強も並行して続けていたので、その時の状況や心境に合わせてさらにいろんな表現で答えを考えられるようになりました。


クエッショニングを初めて1ヶ月、質問を繰り返し聞いただけだというのに、リスニング力も不思議と上がっていました。洋画を字幕なしでもだいたい理解できるようになったんです。

「これはいける!」と確信した私は、外国人が集まるレストランへ行き、そこで思い切ってネイティブたちの輪に入ってみました。


最初はなんだこいつ!?みたいに思われていたに違いありませんが、私が英語が通じる日本人だとわかると、普通に話してもらえるようになりました。

こんな感じで外国人の友達をどんどん増やしていき、他の国から見た日本という国の文化について知ることができました。今は海外へ就職しようかと計画を立てています。



私に海外へチャレンジできる英会話力を身につけさせてくれた英会話教材がこちら。今なら返金保証がついているので、中身を確かめてみるなら今のうちですよ。
↓↓↓










英語ぺらぺら君の体験談

May 20 [Fri], 2016, 10:24

英語ぺらぺら君の体験者の声

May 20 [Fri], 2016, 10:16