スコット先生が教える日本人が英語を聞き取れない原因

September 30 [Fri], 2011, 15:31

日本人が英語を聞き取れない原因は、なんと…

実は、日本人が英語を聞き取れない原因は
日本語と英語の「周波数」の違い
にあります。


5歳くらいまでの子供の頃までは、
日本人の子供にも英語を聞き取れる
能力があります。

でも、ある時期を過ぎてしまうと、
英語の音が耳に入って来なくなって
しまいます。

それは、「日本語と英語の周波数」に
大きな違いがあるためです。

しかし、そんな常識を、
世界的な発音矯正の第一人者である
スコットペリー先生がくつがえしました!


スコット先生が、英語と日本語の
「周波数」の違いに着目して、
日本人が英語の周波数を
聞き取れるようになる方法を
開発したのです。

この方法を実践することで、2週間ほどで、
子供の頃のヒアリング能力が目覚めます。

1日15分ほど、スキマ時間に
ただ聞き流すだけなので、
どんなに忙しい人でも
30日で「英語耳」と「発音力」を
同時にマスターできる方法です。


「ただ聞き流すだけ」で英語がマスターできると
うたっている英会話教材がたくさんあります。

正直なことを言うと、「英語初心者」が、
どれだけ普通の英会話教材を聞き流しても、
いつまでたっても、リスニング力はつきません。


でも、スコットペリー先生が
開発した方法は、英語初心者でも
「英語の周波数」を聞き取れるようになり、
そして、日本語にない英語の音を
聞き取れるように設計してあります。

それでも、あなたが信じられないなら、
最初は、カタコトの英語しか話せなかった
7人の日本人が、スコット先生の
英語習得法を実践し、ネイティブ英語を
手に入れた動画をご覧ください。

⇒ 動画の閲覧はこちらをクリック











.
P R
カテゴリアーカイブ