沢木耕太郎『深夜特急』 

2004年07月31日(土) 10時41分
26歳の沢木耕太郎は机の引き出しに転がっている1円硬貨までかきあつめて1900ドルを作り、仕事をすべて放擲して旅にでた。

インドのデリーからイギリスのロンドンまで乗り合いバスで行くことができるのか?

僕にとっては史上最高のノンフィクション。中学生なんて多感(だったのかな?)な時期に読んだためその影響は数知れず。とにかく格好いい。当時、むさぼり読んだ記憶がある。
20代の今でも時々、読み返します。きっと30代になっても、それ以上になっても読み返します。

全6巻。全部そろえても600円。それだけのお金でこれを読めるのはすばらしいことだ。1巻から読んで最後の一行を読み終わった時の爽快感はなかなか味わえるものではない。
2004年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eigazuki
読者になる
Yapme!一覧
読者になる