風の谷のナウシカを違う角度で!?

August 27 [Wed], 2014, 13:55
風の谷のナウシカをとある別の視点で!?

もう何千回と見てきた風の谷のナウシカ。
それを改めて別の視点で見ることができました。

その前に、以前は風の谷のナウシカをどのように見ていたかというと
単に、動物愛護や自然を大切にしようといったメッセージだと思っていたのですね。

確かに、動物愛護も宮崎駿が伝えたかったメッセージだと思いますし、
自然を大切にしようというのもそうでしょう。

自然を大切にしようの延長線上に、宮崎駿が伝えたかったメッセージがあったのです。

スマホでロードオブワルキューレ

宮崎駿は、そう腐海が日本に訪れるであろうことを既に分かっていたのですね。

腐海とは、猛毒の胞子によっておおわれた森林ですね。

そう森林は「胞子」をためやすいのです。現実に起きていますよね。
ある意味、森林は「胞子」を人間の為にさえぎってくれているともいえるのです。

そしてキノコの生殖細胞が胞子です。
キノコは灰を貯め込みやすいので、すばらしいアナロジーですね。

ナルトの電子書籍はこちらから

そして北斗の拳のように、「胞子」に覆われても、絶滅の危機に立ってもなお
争い続ける人間が描かれていますね。悲しいかな、誕生から争い続けてきたのが人間というものです。

シドニアの騎士を読むなら電子書籍で

パズキューレはhシーン満載のエロゲ




P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eigakansou/index1_0.rdf