佐賀のがばいばあちゃん★★★★★ 

2006年05月15日(月) 22時30分
元気になる映画です!
これは観ておいたほうがいいでしょう(笑)

TVをつけると哀しい出来事ばかりが報道されがちな現代。
知らなくていいことまで耳に入ってしまいますね。
ちょっと昔まではTVもなかったのにね。
時代的には「となりのトトロ」にも似てるかも(笑)

この世の中、明るく楽しく生きようと思ったら結構カンタンにできるのです。
要は気持ちのあり方です。
それを自ら実践してる佐賀のがばいばあちゃん!!
泣けて笑えて温かい気持ちになれます。

事件とか事故とか緊急事態とか起こらないので安心して鑑賞できます(笑)。
広島からたった一人ばあちゃんに預けられた明宏少年ですが、こんな楽しいばあちゃんといたら悲しむ暇なんて無いのですよ!
先祖代々由緒正しい貧乏だから自信を持ちなさい、って(笑)

この映画は人生を楽しく豊かに生きてい無料ヒントが山のようにあります。
そして笑いのネタも(笑)。
ばあちゃん最高です。
そして明宏少年は心根が素直で優しかったんでしょうね。
いいばあちゃんにいい孫なんです。

8年間親元を離れて、最後マラソン大会初めて母ちゃんが広島から来てくれて、沿道で息子に声援を送る姿は泣けました。
先導していた先生も涙ながらに言うんですが

「よかったな、岩永。お母さん来てくれてよかったなぁ。」

そんなことで泣けるんです(笑)。
先生も友達もみんな、そんな気持ちを共有してくれるんです。
今は他人は他人、自分は自分みたいな風潮がありますが人は誰しも一人では生きているのではないのです。
そんな当たり前の事実を改めて教えてくれる映画です。

川はスーパーマーケットだし(笑)、ばあちゃんの長持ちは宝箱だし(笑)、運動会の弁当は優しさが運んでくるし(笑)。
血のかよった人間の温かさを感じる島田洋七さんからすればドキュメンタリーの映画です(笑)。
今の時代にこの映画作られ公開されることに非常に意義を感じます。

ご家族そろってご鑑賞下さい。

海猿 limited of love ★★★★ 

2006年05月14日(日) 20時35分
♪信じよう〜〜〜〜
と音楽が聞こえてくる海猿。観てまいりました!
手に汗握るハラハラドキドキの展開にお茶目なラブコメが入ってて面白かったです。
まず言いたいのは・・・

成長したな、仙崎大輔( ̄ー ̄)!

伊藤英明の男っぷりが上がってることに脱帽です。
潜水士として人として男として大きくなってます。
その過程がドラマで観れるからこの「海猿」はまたいいんですよね。
うちの父もハマってます(笑)

ノッケから「大型フェリー座礁」の出動命令が出ます。
鹿児島まで手作りウェディングドレスを見せに来たカンナとの微妙な心の絡み合いも見逃せません。
そして、600人以上の救出の最中、要救助者2名と潜水士2名が傾き続ける船内に閉じ込められ絶対絶命のピンチに!

本部からの命令はかつての上司・下川隊長。
心強くその指示に従っていたのに無線でこちらの声が届かなくなります。
爆発に巻き込まれ場所も逃げ道も塞がれ、しかも仲間の潜水士・吉岡が器物に挟まれ動けなくなります。
そしてやっと見つけたたった一つの逃げ道。

20mのはしごを負傷した男を背負い妊婦をかばいながら昇る仙崎。
カンナにプロポーズして「生きて帰ること」を約束して・・・
男だね〜〜〜〜!

しかし無常にもその思い半ばにして船は沈没。
モニターでどうすることもできずその映像を見つめる海保本部・・・
「いや〜〜〜〜〜〜!!!」
カンナの叫びがこだまし、鎮痛な静寂があたりを取り巻く中、聞こえてきたのは
「要救助者の救出に向う。出動の許可を!」

まわりで待機していた仲間の潜水士たちの声だった!
潜水士たちはここからが俺たちの仕事だ!と言わんばかりに次々と出動していく。
本部は事故の結果を伝えよ、と指示を出すが下川元隊長は腐っても元は現場で働いていた元潜水士。
気持ちがわかる熱い男。

そし生きていると信じわずかな希望を持って船内に行くと仙崎ボロボロになりながらも二人の要救助者を守るようにかばい、空気のある場所にいたのだ!
すぐにでも浮上しなけばならないほど傷ついた仙崎だったが、動けなくなった吉岡の場所を知るのは自分だけだと、瀕死の状態で吉岡を救助に向う!
意識のなくなりかけた吉岡を仙崎は揺り起こし救助!!!

「信じる」ことの強さ、そしてそのためには「信じられる自分」でいることの必要性を教えてくれる壮大な映画でした。 

SPIRIT ★★★★ 

2006年04月21日(金) 10時07分
クンフー最高!
さすがだ、ジェエト・リー!!
天下一武道会の実写版は手に汗にぎるアクションの連続です。

本当の強さとは何か?

そこに真正面から向っていったフォ(ジェット・リー)は人間臭い人物です。
人が陥る表面上の強さに酔いしれ、気づけば全てを失くし0からスタートを切った時、真の強さに辿りついたのでした。

なぜ父が自分に武道を学ばせなかったのか、
なぜ母が強くなった自分を心配したのか、
なぜ友が順風満帆の日々に釘をさすのか・・・

慢心なフォは本当に大切なものや心から感謝すべき存在が見えなくなり、そこから一気に人生が転落します。
天津一の強者になった自分のまわりは、自分と同じ慢心の弟子しかおらず、その弟子の身勝手な行動から人を殺し、またその報復として母と愛娘を惨殺されるのです。
そし身も心もズタボロになったフォが辿りついたのは、素朴な暮らしをしている村。
そこで目は見えないけど、だからこそ心で感じる娘との交流で慢心は洗い流され生まれ変わったフォ。
しかし、彼は自分の過ちから逃げず敢えて立ち向かい、真の強さを人びとに知らしめるために人の策略にはまるのです。

とにかくジェット・リー演ずるフォの潔さがカッコいい。
また日本人が両極端に描かれてて面白い。
いやらしい日本人はラストサムライさながらの原田真人(笑)
大和魂の持ち主に中村師童(武士道のいいとこ取りな潔い武道家)。

人の生き方、人生、そし感謝の意味を考えさせられるいい映画でした。

ナルニア国物語〜ライオンと魔女 

2006年03月29日(水) 11時48分
ちびっこ向けファンタジー大作。

入り口はちょっぴりブラックなナルニア国物語ですが、登場人物が基本的にファンタジーしてるので細かいことはそっとしておきましょう。
駄菓子菓子!
主人公の4兄弟はばりばりの歴代ファンタジーの主人公たちに比べて
平熱が低い(!)

とんでもない状況下に置かれても基本的に驚かない強靭な精神力の持ち主たちであるのです。
今までにないキャラに観ている方もやや驚嘆です。

4兄弟が平然と受け入れてしまった境遇。
1、疎開先にロッテンマイヤーさんがいた。
2、洋服箪笥がナルニアに繋がっていた。
3、兄弟がお菓子のために兄弟を売った。
4、サンタがプレゼントに武器をくれた。
5、普通に動物が英語ペラペラ。
6、気づいたら救世主だった。
7、気づいたら子どもなのに戦場にいた。
8、気づいたら大人になっていた。
9、しかも領地をおさめる王様だった。
10、そしてみんな美形だった。

長男ピーターは年長者と言う責任から地味〜に自虐的性質、
長女スーザンは非建設的なものの考え方からちょっとマイナス思考、
次男エドマンドは一体何がしたいんだ?と言わんばかりの思春期、
末っ子ルーシーはとんでもない洞察力と柔軟性を兼ね備えている。

そんな4人は子どもの頃はリアクションが薄いが大人になるとかなり美形になってることが示されてるので次回も必ず観にいってしまおう!と魔法がかけられる。
と言う今までにないファンタジー大作です。

コーラス ★★★★ 

2006年02月09日(木) 20時33分
天使の歌声に心洗われる

映画には人をリラックスさせる力があると思う。
観ていて気がついたら心が軽くなっていた、みたいな。
それがこの映画だ。

一人の老人のもとを訪れた老人ペピノは50年ぶりの再会を喜ぶ。
そしてずっと気になっていた「マチュー先生」のことを聞く。
ペピノが持ってきたノートには「池の底」での忘れられない思い出が詰まっていた。

フランスの映画です。
音楽の夢を胸の奥にしまった男・マチューは「池の底」と呼ばれる問題児更生学校の舎監として呼ばれる。
最初に出会ったのは錠のされた門でもういない両親をずっと待ってる小さな少年。
そして、学校にいるのは手をつけられない悪ガキども。

赴任早々、用務員への生徒からのむごい仕打ちを見たり、校長の心無いやり方をみたりするが、
このマチュー先生は子どもの心のわかるいい先生だったのさ。
だから、きちんと生徒と向き合い理解し善悪を教えるのだった。
最初は無駄にみえた。

しかし、生徒たちに自分の名前と将来の夢を書かせると全員が書いたのだ。
そこで何かを感じたマチュー先生は、一度はしまった音楽を通して子どもたちと心通わし、
いつの間にか立派に更生を果たしていた。

よくある話かもしれないが、流れが自然で映像がキレイ。
そして、マチュー先生の人間性がいい。
決して押し付けないで、子どもたちに音楽を教えていくところが。
どんなに悪いと言われている子どもだって周りがきりんと理解してあげれば、みんないい子なんだよね。

中でも奇跡のボーイソプラノを持った少年がいた。
実は心に思春期の深い悩みを抱えていて、それが悪い形で表に出てきてるからこの学校に入れられているんだけど、そのこの素質を見抜いて音楽の道へと導いた。
最初はへたっぴだった合唱団もいつしか伯爵夫人が見にくる程までに成長していた。

全てがうまくいきそうで現実はそこまでうまくいかない。
というリアリティもありつつ、「心」について感じる映画だった。
言葉や頭ではなく心で感じる映画であり、ボーイソプラノを聞いて何だか涙が出てきた。
いつの時代も人って捨てたもんじゃないよね。

何も考えずに観て欲しい素晴らしい映画です。

博士の愛した数式 ★★★ 

2006年02月08日(水) 22時47分
ゆっくり流れる優しい時間。

だーーーー!
深津絵里最高
この母性は一体どこから来るのでしょう?
優しくて温かくてほのぼのする映画でした。

かなり数学が好きになる、って言うか数学に対する偏見のなくなる映画です。
「友愛数」にマジにを感じます。
そしてこの映画のナビゲーターとも言える吉岡くん!
ルート最高!
こんな先生に出会いたかったな。

事故で「80分しか記憶がもたない」ようになった博士(寺尾聡)。
彼は人とコミュニケーションをとる時、優しく数に敬意をはらいながら打ち解ける。
毎日が「初めまして」の博士。
同じことの繰り返しでも毎日が初めてで新鮮なのだ。

それを不幸ととるか幸福ととるか、それは貴方の心次第。
たまたま家政婦の仕事でやってきた深津絵里はそれを後者で受け取ったんだな。
博士と出会って数に対する概念が変化し、同時に今までの世界も少し別角度から
変わってみえるようになる。

博士は時々は自分の置かれた状況を思い出して嘆いてしまうけど、でも80分過ぎると
また新しい世界になる。
また1から世界が始まる。

とても優しくなれる映画です。
深津ちゃんのナチュラルぶりがかなりいい感じです。
地に足をつけて生きる女性なんだけどロマンをしっかり受け入れる器の大きな女性です。
魅力的

寺尾聡。
謎の体操したり、子どもに無償の愛で抱擁したり、ちょっぴり笑えるチャーミングな人です。
居心地の良いソファみたいな包み込んでくれる優しさにときめきます。

吉岡秀隆。
カーーーーーーッ!
お前、すげぇっ
「√」がいとおしくなるよ。子役さんとのマッチングも絶妙です。
数学の授業(?)を通して「数」と「愛」の関係を紐解くあたり素晴らしい。

きっと脚本がいいんだな。
そして心が温かくなる優しい映像。
ぽわっと心にたんぽぽが咲いたような映画でした。
(だから浅丘ル●子のメイクについては触れるまい)

優しさに自然に触れたい時にお勧めです。
原作も優しい時間です「博士の愛した数式

レジェンド・オブ・ゾロ ★★★★★ 

2006年02月03日(金) 21時19分
デターーーー、ミスターフェロモン大王:アントニオ・バンデラス!
登場から無意味な派手さは
さすがハリウッドの千葉真一!

そして今回も無駄にアクションてんこ盛りで最高に楽しい!
(でも、ゾロって帽子とると銀行強盗みたい。不審人物だよな)

キターーーーーー、ミセスフェロモン女王:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ!
ぱっくり胸開きドレスから覗くダイナマイトバデーは
まさしくハリウッドの叶 恭子!
そしてこの二人の暴れん坊の血筋をカンッペキに引いてる息子!
DNAってコワイ・・・。
この身のこなし、間違いなくゾロとエレナの遺伝子です。

そしてなぜか強い神父(撃たれても死なない)・・・は置いといて
果てしなく名馬のゾロの愛馬(名前忘れた)!
飲酒、喫煙、ビックリして眼光ぱっくりのその様に拳王様の愛馬:黒王号も真っ青です。
だって走行中の汽車の上を何食わぬ顔で疾走するからな。
って、ありえね〜〜〜〜!

時は1850年。
カリフォルニアがアメリカ合衆国に併合される投票が行われた。
しかし、いつの時代にも変な思想からそれに反対する集団は存在するものであり。
それが今回は何と十字軍時代の秘密結社ときたもんだ。
加えてアメリカお抱えの探偵社まで現れ、マヌケなゾロが正体見られて、エレナが脅されて
潜入捜査で何が何だかカリフォルニアは大騒ぎさ!

実は結構アンポンタンなゾロが勝手に妙な勘違いしてる割にいつも通り現れて大暴れ。
もう愉快、痛快、ウルトラアクションで気分は爽快!ビバ!バンデラス。
お前最高!

さらにマニア必見なアダルトバンデラス妖し気シーンも目白押し。
これは紛れもなくバンデラスの色気を堪能させようという製作者サイドの意図が見える。
いわえる、粋な計らいと言う名のサービスカットも満載です。

とにかく面白い。
スカッとします。
バンデラスの虜になるのは時間の問題。

THE 有頂天ホテル ★★★ 

2006年02月01日(水) 16時30分
アットホームなドタバタ喜劇舞台。

何がすごいってキャストがすごい!!
エンドロールが<登場順>って言うのも素直にうなずけるスゴさ。
ちょっとしたところにも有名人。
そこに三谷脚本経験者が揃い踏み。

12/31 大晦日に些細ななモンダイを抱えた客たちがそれぞれにトラブルを起こす。
それを「お客様は家族です。」がモットーの副支配人(役所広司)温かく対処する。
にしても個性的過ぎだぜ、ここの客

今回も最高にザッツ ダンディズム佐藤浩市
ラストのベルボーイ衣装がちょっぴりコスプレちっくでマニアにはたまらなかった
気は小さいけど額は妙に広いオダギリジョー。
彼に結婚式の招待状を書いてもらうと幸せになるという「筆耕係」というポジションもなかなかツボでした。
慎吾ちゃんのボーイも等身大の元気の良さで好感度UP。
生瀬勝久のどこにでもいる裏表のある人間臭さは絶品でした
そしてやりたい放題の祭り好き総支配人・伊東四郎!
白塗りが徐々に溶けていく過程がマッチしてた(笑)
んで、汚職議員(佐藤浩市)が逃げる時に、同業者と間違えて車誘導をさせる相島一之・・・

・・・・・・ちょっと待て。

このメンバーって新撰組じゃん(>_<)

慎吾ちゃんと佐藤さんが見つめあって抱擁するとことか、
「ここの鴨が美味いんだよ。」
とさりげなく言われるシーンはマニアには唾液ものです。
(いつからマニアなんだ)

お客さんの起こす騒動ひとつひとつが的がズレてて全く臨場感は無いけれど、
「ぷっ。」と吹き出すところがいっぱいあって面白かった。
それに細かい笑いがいっぱい詰まってます。
幸楽主人(角野卓造)がここでストレス発散してるよな、とか。

しかしコレは言いたい。
YOU歌上手い!

ってか、YOUってホントに歌手だったんだ

キングコング 

2006年01月29日(日) 22時07分
アカデミー賞受賞はダテじゃないぜ、ピーター・ジャクソン!
すっげー迫力に度肝を抜かれ、一時呼吸困難に陥ちゃったぜ(いや、マジで)
びっくり仰天「あっ」という間の3時間!

大恐慌時代(?)のアメリカ。
飢えている人をよそに、映画制作に全身全霊をかけるがゆえに他人の迷惑を基本的に顧みない「やや」身勝手な映画プロデューサーがいた。
彼の名はカール。
全ては彼の傍若無人な(?)性格から始まる。

ある日彼は海図にも載ってない未踏の孤島の存在に興奮し、何の許可もなくムリヤリ上陸し、まわりに大いに災難を降り注ぎながら撮影を強行する。
(何て迷惑な)
そこで彼らが出会ったものとは?!

マサイ族もビックリの白目で快楽を表現する原住民!
しかも巨大な壁の向こうにはザッツ ジュラシックパーク!
そしてマニアにしかわからないグインサーガ ノスフェラスの生き物!
さらに崖から落ちた所にはリアル ナウシカの蟲!
かなり力の入る手に汗握るアドベンチャーです。

そこで半分騙されて(基本的にみんな騙されて連れて来られてるけど)
連れて来られた喜劇役者で美女のアン・ダロウ。
彼女は船中では作家のジャックといい感じになっておきながら、上陸してコングに出会うと持ち前の母性と喜劇役者魂で野獣までもとりこに!
(ジャックも美男子じゃないし・・・B専?)

しかしこの出会いが悲劇を生む結末へと導いてしまう。
実はかなりの知能を持つコングはずっと孤独だったのだ。
そこへやっと自分を分かってくれる美女(面食いらしい)が現れたのに・・・
哀しいかな、美女と野獣の運命は切ない・・・・・

泣ける(T△T)
コングがアンを守ろうとする姿もアンが必死でコングを救おうとする姿も。
そして言葉ではなく目だけで愛を確認する二人。
夕焼けを見て「美しい」とゼスチャアするコングの横顔が愛おしいです。
まさに人類の国境を超えた愛のスペクタクル感動巨編!
としか言い様がございませぬ。

コングの動きはゴラムの人がやってるし人間っぽい仕草は結構かわいい。
「観たよー!」と人に自慢できる作品です。
P R
2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像恭子
» SPIRIT ★★★★ (2006年05月03日)
アイコン画像ちりこ
» ナルニア国物語〜ライオンと魔女 (2006年03月30日)
アイコン画像沙紫夜
» 博士の愛した数式 ★★★ (2006年02月09日)
アイコン画像ちりこ
» 博士の愛した数式 ★★★ (2006年02月09日)
アイコン画像沙紫夜
» キングコング (2006年02月08日)
アイコン画像沙紫夜
» THE 有頂天ホテル ★★★ (2006年02月08日)
アイコン画像ちりこ
» THE 有頂天ホテル ★★★ (2006年02月06日)
アイコン画像ちりこ
» キングコング (2006年02月06日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eigakafe
読者になる
Yapme!一覧
読者になる