私の独断と偏見に満ちた映画の感想。
コメント、TB、お待ちしております!!
関係のないコメント、TBは遠慮なく削除させていただきます!
俳優さんの名前にリンクがつけてありますので、クリックするとプロフィールが見れます!
復活させたコメントですが、早速スパム攻撃を受けたので
また付けられないように、、、
ごめんなさい!

■さがす■
TV・シネマヤプニティ
コメント・トラックバック歓迎!TV・シネマヤプニティ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eigahiromi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
« 映画館「迷い婚 -全ての迷える女性たちへ-」 | Main | DVD「NOLA 〜ニューヨークの歌声〜」 »
映画館「ダ・ヴィンチ・コード」 / 2006年05月27日(土)
この作品って、レオナル・ド・ダヴィンチの話がメインなのかと思っていた、、、モナリザもチョットしか出てこないんですねぇ。。。

原作を読んでいない私は、テレビで「本を読んでいない人は、せめて特集番組を見てからの方が楽しめる!」と言っていたので、いろいろ見てから観に行ってきました。が、、、特番ってネタバレじゃないですかぁ〜??テレビ見ないで観に行けばよかったって思ってしまいました。確かに、キリスト教やキリストに関する知識は少し入れてからみないとチンプンカンプンかもしれませんが、、、「パッション」を観た後に少し興味を持っていろいろ調べたりしたのが私の場合は良かったみたいです。その代わり、マグダラのマリアってモニカ・ベルッチってイメージになってしまいましたが、、、

原作ファンからすれば「違う!」って思うところも多々あると思いますが、映画だけ観た私の感想としては良くできたサスペンスだと思いましたよ。謎解きがなかなか面白かったです。真実なのか、仮説なのか今となっては分かりませんがもしかしたらそうなのかもなぁ〜って思いながら観れたのも良かったです。

今回のトム・ハンクスは、泣かせよう泣かせよう演技じゃなかったので良かったです。あまり評判は良くないらしいですけどねぇ。フランス組のジャン・レノオドレイ・トトゥもまぁまぁよかったです。でも、トトゥさんはやっぱり「アメリ」の頃から比べると老けたねぇ。。。イアン・マッケランは、いい人にも悪いヤツにも見えるどちらをやらせても上手いですネェ。すっかり騙されましたよぉ(笑)なかでも、一番よかったのは超恐いポール・ベタニーかなぁ!

←読んだらクリックしてね!

Posted at 20:42 /  「た」の映画 / この記事のURL
この記事のURL
http://yaplog.jp/eigahiromi/archive/517
P R
☆人気blogランキング☆
人気blogランキングに参加しています!ご協力お願いいたします♪
にほんブログ村 映画ブログへ
DRECOM RSS
   
Powered by yaplog!