私の独断と偏見に満ちた映画の感想。
コメント、TB、お待ちしております!!
関係のないコメント、TBは遠慮なく削除させていただきます!
俳優さんの名前にリンクがつけてありますので、クリックするとプロフィールが見れます!
復活させたコメントですが、早速スパム攻撃を受けたので
また付けられないように、、、
ごめんなさい!

■さがす■
TV・シネマヤプニティ
コメント・トラックバック歓迎!TV・シネマヤプニティ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eigahiromi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
« 映画館「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」 | Main | DVD「マザー・テレサ」 »
TV「南極物語」(1983年) / 2006年03月19日(日)
この作品を劇場で観たのは、10歳のとき。。。
犬が飼いたくてしょうがないときでした。その当時は、犬を飼えなかったのですが今現在犬2匹とまたこの作品を見ることができて、子供のころ当時の犬に対する思いなど懐かしく思い出しながら観ることができました!

犬のエピソード部分は、自分でも驚くほど覚えていました。どの犬がどんなふうになってしまうのか。しかし、人間が出てくる場面はほぼ忘れていました。。。

実話を元に作られた作品です。極寒の大地でタロとジロが生き残ったということも感動ですが、何よりも感動的なのはやはり人間の犬への愛情でしょうねぇ。あのまま、犬を置き去りにして「はい、終わり」だったら映画にもならなかったと思います。置き去りにされたカラフト犬の飼い主の下に子犬を連れて謝罪に行くシーンは本当に胸がギューッとなりましたよぉ。

23年も前の作品なので高倉健さん、渡瀬恒彦さん、若い!今は亡き夏目雅子さんや少女時代の荻野目慶子さんも懐かしいですねぇ。この作品に登場した犬たちも、今はもうこの世にいないと思うとそれもまた悲しくなってしまいましたぁ。

ウォルトディズニーがリメイクするそうですが、主演のポール・ウォーカーが「オリジナルより重くない」と言っていたのが、気になりました。。。軽いってこと〜?まぁ、ディズニーテイストに味付けしちゃっているんでしょうねぇ。。。明日、観に行ってきます!

←読んだらクリックしてね!

Posted at 17:16 /  「な」の映画 / この記事のURL
この記事のURL
http://yaplog.jp/eigahiromi/archive/476
P R
☆人気blogランキング☆
人気blogランキングに参加しています!ご協力お願いいたします♪
にほんブログ村 映画ブログへ
DRECOM RSS
   
Powered by yaplog!