私の独断と偏見に満ちた映画の感想。
コメント、TB、お待ちしております!!
関係のないコメント、TBは遠慮なく削除させていただきます!
俳優さんの名前にリンクがつけてありますので、クリックするとプロフィールが見れます!
復活させたコメントですが、早速スパム攻撃を受けたので
また付けられないように、、、
ごめんなさい!

■さがす■
TV・シネマヤプニティ
コメント・トラックバック歓迎!TV・シネマヤプニティ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eigahiromi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
« DVD「美しい夜、残酷な朝」 | Main | DVD「アイデンティティー」 »
映画館「ミュンヘン」 / 2006年02月05日(日)
1972年ミュンヘンオリンピック、パレスチナゲリラによってイスラエル選手11人が犠牲になる。イスラエル機密情報機関“モサド”は暗殺チームを編成しパレスチナゲリラ11人暗殺が実行される。。。という事実に基づいたお話です。

ミュンヘンオリンピックのときに、こんな事件があったことも実は知りませんでした。イスラエル、パレスチナのの関係もあまりよく知らないのですが、この戦いの背景がわからずとも伝わってくるところは沢山ありました。

暗殺チームの5人、プロというにはチョットお粗末な素人。政府からしてみれば、ただの使いッパシリのような人物。だからこそなのかもしれませんが、みんな最初は暗殺成功に喜んだりもします。しかし、しだいに苦悩を抱えだします。結局、みんな人間。家族もいれば普通の生活もある。それを奪うということは、テロリストも殺し屋も結局は同じ。「やられたらやりかえせ」そしてまた「やりかえせ、やりかえせ、、、、」終わりの無い殺し合い。。。映画の作品としてはよくあることですが、本当に実際にあると思うと観ていて辛かったです。(事実を曲げていると苦情も出ているらしいですけどね。)

全体的に、重〜い作品なので娯楽大作が好きな人は苦手かも。
色々、心の中にモヤモヤっとした感想があるのですが言葉にするのが難しくてあまりうまく書けません。。。

エリック・バナは苦悩する表情がいつもながらいいですねぇ〜!でも「ハルク」思い出しちゃいましたよぉ。。。ダニエル・クレイグキアラン・ハインズ、がとても印象に残りました。ジェフリー・ラッシュも出てます!

←読んだらクリックしてね♪

Posted at 14:08 /  「み」の映画 / この記事のURL
この記事のURL
http://yaplog.jp/eigahiromi/archive/436
P R
☆人気blogランキング☆
人気blogランキングに参加しています!ご協力お願いいたします♪
にほんブログ村 映画ブログへ
DRECOM RSS
   
Powered by yaplog!