私の独断と偏見に満ちた映画の感想。
コメント、TB、お待ちしております!!
関係のないコメント、TBは遠慮なく削除させていただきます!
俳優さんの名前にリンクがつけてありますので、クリックするとプロフィールが見れます!
復活させたコメントですが、早速スパム攻撃を受けたので
また付けられないように、、、
ごめんなさい!

■さがす■
TV・シネマヤプニティ
コメント・トラックバック歓迎!TV・シネマヤプニティ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eigahiromi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
« DVD「チャイルド・プレイ/チャッキーの種」 | Main | DVD「シャーク・テイル」 »
映画館「男たちの大和 YAMATO」 / 2005年12月25日(日)
「戦艦大和」存在は知っていましたが、日本史が嫌いな私はどの時代のことなのか知らずにいました。父が観たいと言っていたので、父と一緒に観に行ってきました。

戦闘機の時代に日本が一生懸命作った戦艦大和。負ける戦争だと分かっていても戦わなければならなかった。そんな話を両親から聞いていました。それを映像として観る事ができ大変勉強になりました。父の父(私の祖父)も海軍に所属しており、同じ時代に30代前半で亡くなっております。映画を観終えた後、父が「お爺ちゃんもあんな感じで亡くなっているんだよ」と言っていました。もちろん骨も残っていません。

出番はあまり多くありませんでしたが長島一茂さん演じる大尉が「日本を目覚めさせるために」と言う台詞が、とても印象的でした。沢山の役者さんたちがとても泣かせる演技をしてくれましたが、松山ケンイチ君良かったです!でも、15歳には見えなかったなぁ。。。

現代の若者達にもぜひ観てもらいたい作品ですねぇ。

←読んだらクリックしてね♪

Posted at 13:56 /  「お」の映画 / この記事のURL
この記事のURL
http://yaplog.jp/eigahiromi/archive/383
P R
☆人気blogランキング☆
人気blogランキングに参加しています!ご協力お願いいたします♪
にほんブログ村 映画ブログへ
DRECOM RSS
   
Powered by yaplog!