私の独断と偏見に満ちた映画の感想。
コメント、TB、お待ちしております!!
関係のないコメント、TBは遠慮なく削除させていただきます!
俳優さんの名前にリンクがつけてありますので、クリックするとプロフィールが見れます!
復活させたコメントですが、早速スパム攻撃を受けたので
また付けられないように、、、
ごめんなさい!

■さがす■
TV・シネマヤプニティ
コメント・トラックバック歓迎!TV・シネマヤプニティ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eigahiromi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
« DVD「キングコング」(1976年) | Main | 映画館「ダーク・ウォーター」 »
DVD「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」 / 2005年11月17日(木)
死刑制度反対運動を熱心に取り組む大学教授のデビッド・ゲイル(ケビン・スペイシー)がレイプ殺人の罪で死刑が確定する。雑誌の女性記者ビッツィー(ケイト・ウィンスレット)が死刑執行までの残り3日間の単独インタビューをする。

観る前は、死刑囚と話をするということで「デッドマン・ウォーキング」みたいな感じかなと思っていたのですが全然違いました。どちらかというとサスペンス色が強かったです。はじめのうちは、死刑囚と雑誌記者の話が中心なのですが、話を聞いているうちに記者はこれは冤罪なのではないかと思い始める。しかし、私はケビン・スペイシーが話していることが「ユージュアル・サスペクツ」を連想させて、嘘なんじゃないかってズーッと思ってしまいました。。。

詳しく内容を書いてしまうとこの映画は面白くなくなってしまうので書きませんが、観終わった後に死刑制度について深く考えさせられる映画でした。極端な気も少々しますが。ローラ・リニーも出ています!

Posted at 16:47 /  「ら」の映画 / この記事のURL
この記事のURL
http://yaplog.jp/eigahiromi/archive/345
P R
☆人気blogランキング☆
人気blogランキングに参加しています!ご協力お願いいたします♪
にほんブログ村 映画ブログへ
DRECOM RSS
   
Powered by yaplog!