私の独断と偏見に満ちた映画の感想。
コメント、TB、お待ちしております!!
関係のないコメント、TBは遠慮なく削除させていただきます!
俳優さんの名前にリンクがつけてありますので、クリックするとプロフィールが見れます!
復活させたコメントですが、早速スパム攻撃を受けたので
また付けられないように、、、
ごめんなさい!

■さがす■
TV・シネマヤプニティ
コメント・トラックバック歓迎!TV・シネマヤプニティ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eigahiromi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
« DVD「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」 | Main | 映画館「イン・ハー・シューズ」 »
映画館「ダーク・ウォーター」 / 2005年11月16日(水)
鈴木光司原作、中田秀夫監督の「仄暗い水の底から」のハリウッドリメイク版ということで、先に「仄暗い水の底から」を観ておきたかったのですが、レンタルDVDに無くて結局こちらを先に観ることになりました。

これは、ホラーになると思うのですが全然怖くは無かったです。「仄暗い〜」の予告を観たときは、スッゴク怖そうだったのですが。。。「リング」もそうでしたが、日本のホラーをハリウッドでリメイクすると怖さが半減してしまうような気がします。似たような雰囲気は出せているのですが、どうしても日本(アジア)独特の不気味さが無くなってしまっているような。。。亡霊役の少女が全然怖くなかったです。
どちらかというと、母と娘、母親の親子関係なんかが主体となったドラマのような感じがしてしまいました。

ジェニファー・コネリーは、初主演作の「フェノミナ」のイメージが私の中でとても強いのですが、あのときの雰囲気をそのままの感じがしてなんだか懐かしかったです。デビューしたときはアイドルっぽく、一時期は巨乳女優として、そして今ではオスカー女優ですからネェ。凄い出世しましたね!子役のアリエル・ゲイドちゃんは、なんだか宮里藍ちゃんか夏川りみに見えてきてしまった。。。ジョン・C・ライリーティム・ロスピート・ポスルスウェイトいい味出していました!!

Posted at 13:34 /  「た」の映画 / この記事のURL
この記事のURL
http://yaplog.jp/eigahiromi/archive/344
P R
☆人気blogランキング☆
人気blogランキングに参加しています!ご協力お願いいたします♪
にほんブログ村 映画ブログへ
DRECOM RSS
   
Powered by yaplog!