私の独断と偏見に満ちた映画の感想。
コメント、TB、お待ちしております!!
関係のないコメント、TBは遠慮なく削除させていただきます!
俳優さんの名前にリンクがつけてありますので、クリックするとプロフィールが見れます!
復活させたコメントですが、早速スパム攻撃を受けたので
また付けられないように、、、
ごめんなさい!

■さがす■
TV・シネマヤプニティ
コメント・トラックバック歓迎!TV・シネマヤプニティ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eigahiromi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
« 映画館「ベルベット・レイン」 | Main | DVD「ナショナル・トレジャー」 »
映画館「蝉しぐれ」 / 2005年10月10日(月)
日本史が大嫌いだった私。そんなわけで、実は今までこのような時代物の映画はあまり観ていませんでした。最近は、面白い邦画も沢山あるので観ることにしました。

幼馴染の2人、文四郎とふくが思いを寄せ合っているのだけれども、その恋は成就することはない、、、そんな切ないお話。メインのお話はこんな感じなのですが、文四郎と父、文四郎と友達、など文四郎を取り囲む人間模様が描かれていました。後半まで、季節の移り変わりなど盛り込み静かに話は進んでいくのですが、ラストの2人の語らいの場面ではさすがジーンときました。

ただ、残念だったのが子供のころの文四郎とふく。演技は良かったのですが2人とも大人なるとこうはならないだろう〜!せめて、少し顔立ちが似ている子を使って欲しかったなぁ。前半の子供時代と後半の大人時代がどうしても私の中でつながらないよぉ。。。あと、ふくが文四郎を思い続けているというエピソードも少し欲しかったかも。

市川染五郎さんは、さすが歌舞伎役者だけあって時代物が似合いますね!木村佳乃さんも楚々とした美しさがありました。他にも豪華競演俳優でした。文四郎の友達役のふかわりょうと今田耕司、これまた子供役とぜんぜん違うイメージが嫌だった。

Posted at 15:26 /  「せ」の映画 / この記事のURL
この記事のURL
http://yaplog.jp/eigahiromi/archive/302
P R
☆人気blogランキング☆
人気blogランキングに参加しています!ご協力お願いいたします♪
にほんブログ村 映画ブログへ
DRECOM RSS
   
Powered by yaplog!