私の独断と偏見に満ちた映画の感想。
コメント、TB、お待ちしております!!
関係のないコメント、TBは遠慮なく削除させていただきます!
俳優さんの名前にリンクがつけてありますので、クリックするとプロフィールが見れます!
復活させたコメントですが、早速スパム攻撃を受けたので
また付けられないように、、、
ごめんなさい!

■さがす■
TV・シネマヤプニティ
コメント・トラックバック歓迎!TV・シネマヤプニティ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eigahiromi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
« TV「裏切り者」 | Main | DVD「ファインディング・ニモ」 »
映画館「シンデレラマン」 / 2005年09月18日(日)
ヨカッタです。フツーに良かったです。
家族愛と、ボクサーとしての復活、ストーリーも面白かったし、キャストもピッタリはまっていて申し分ございませんでした。前半は家族愛、後半はボクサー復活といった感じ。

ラッセル・クロウのボクシングシーンもなかなか迫力があったし、レニー・ゼルウィガーの支える妻もさすが!演技が上手いお二人という感じでした。ですが、、、どうしてもクロウ氏は、家族思いのいい役をやっても実際のマスコミなどに取り上げられているニュースが頭をよぎってしまって。。。演技が上手いから、優しい人に見えるけどさぁ。やっぱり、俳優なんだからイメージってものも大切にしてほしいですねぇ、実生活でも。

「ミリオンダラー・ベイビー」とボクシングってところが一緒なので、ラストが同じだったらどうしようってヒヤヒヤしちゃいましたよぉ。最後のボクシングの対戦では、本当に手に汗握りました。相手役がまたにくったらしい感じだったからねぇ。

「あしたのジョー」では、守るべきものがあるカルロス・リベラは恐怖を感じてしまいジョーとの対戦の後、白髪になってしまうんだけどこの映画は守るべきものがあるほうが強かったですねぇ。

Posted at 18:33 /  「し」の映画 / この記事のURL
この記事のURL
http://yaplog.jp/eigahiromi/archive/273
P R
☆人気blogランキング☆
人気blogランキングに参加しています!ご協力お願いいたします♪
にほんブログ村 映画ブログへ
DRECOM RSS
   
Powered by yaplog!