「おはなしくらべ-星新一×岡本忠成」

2008年06月23日(月) 14時22分


■1,はじめに

「おはなしくらべ」は、映画の上映の前に原作の絵本や紙しばいなどを読み聞かせ、その原作を基に映画化された作品と見くらべてみるという企画です。キャラクターやストーリーの違いを読み取り、原作と映画から受ける印象の違いをみんなで話し合います。演出によって別の作品となることを知り、もっと映画を観る楽しみを知ってもらう試みです。

今回は、星新一さんの原作を岡本忠成監督が演出した短編アニメーション映画を上映します。星新一さんは数々の傑作ショートショートを生み出したことで有名で、子どもから大人まで幅広いファンがいます。また一方の岡本忠成さんは、これまでにもちいがくの上映会でも度々取り上げていますが、毎回異なった素材や手法で質の高いアニメーションを製作してきました。
この二人のコラボレーションで、同じおはなしがどう違って見えてくるのか、楽しみです。

子どもはもちろん、親にとっても楽しめるプログラムとなっています。入場は無料。
ぜひ、お友だちと一緒に遊びに来てください。

■2,開催概要

主催:ちいさなひとのえいががっこう
助成:独立行政法人国立青少年教育振興機構(子どもゆめ基金)
協力:特定非営利活動法人東京フィルメックス実行委員会

日時: 2008年6月28日(土) 14:00-16:00
会場:杉並区立中央図書館 視聴覚ホール(杉並区荻窪3-40-23)    →JR中央線、地下鉄丸ノ内線「荻窪」駅南口から徒歩10分
   地図はこちら

料金:無料 (先着50名)
お問い合わせ:ちいさなひとのえいががっこう(担当:岡崎)
   e-mail: eigagakkou@hotmail.co.jp
  *大人だけの参加(見学、取材など)をご希望の際はあらかじめご連絡ください。

■ 3,上映スケジュール

【14:00 開始】

 14:00 映画を観る前のお話
 14:05 おはなしくらべ
      「盗まれた書類」朗読
      「ふしぎなくすり」上映 16mm、14分
      「夜の事件」朗読
      「ようこそ宇宙人」上映16mm、14分

 15:00(休憩、映写機見学)

 15:20「キツツキ計画」朗読
      「キツツキ計画」上映16mm、15分

 【16:00 終了予定】

* まず、映画の原作となった星新一さんの作品を朗読します。子どもたちの感想などを聞いたあとに、それぞれの映画を上映します。映画を見終えたあとに、また感想や気付いた点を子どもたちと話し合って、それぞれの違いや映画の読み取り方などを引き出すワークショップを行います。

↓作品のくわしい解説はこちら
■4,上映作品の解説

「ふしぎなくすり」
(14分/1965年/カラー/日本/16mmフィルム)
画期的な薬を発明したF博士。噂を聞きつけた怪盗ドロンとトンキーは、一度は博士に断られたものの、研究所に忍び込みその薬を盗み出すことに成功する。しかし、早速薬を飲んだトンキーに異変が…。
岡本忠成が独立してエコー社を設立して初めて手がけた作品。木や皮を使った人形アニメがかわいらしくデフォルメされ、アクションを活かす小道具の数々も楽しい。原作:「盗まれた書類」

「ようこそ宇宙人」
(14分/1966年/カラー/日本/16mmフィルム)
地球侵略のために様子を探りに夜の遊園地にやってきた2人組のキル星人。そこで出会ったロビン(実は遊園地のガイドロボット)を脅すが、彼女はまったく驚かないばかりか、宇宙人に対して平和的に親切に接する。その姿を見て、宇宙人たちは…。
ガラスやプラスチックの素材を使った、透明感のある画面のアニメ。人形たちが音楽にあわせて歌い踊るシーンでは、ちゃんと振り付け担当のスタッフも迎えて演出している。原作:「夜の事件」

「キツツキ計画」
(15分/1966年/カラー/日本/16mmフィルム)
怪盗ドロンと間抜けな三人組は、何百羽ものキツツキを使った奇想天外な強盗計画をたてる。それは条件反射でキツツキたちが街中の警報機や防災ベル、工作機械などのボタンを押して混乱している隙に強盗しようというものだった。しかし、思わぬ誤算が…。
木彫りのレリーフによる人形を使った半立体のアニメ。これにより立体アニメと比べて、垂直方向のアクションやダイナミックなメタモルフォーゼが可能となっている。原作:「キツツキ計画」

★ ★ 星新一 プロフィール ★★(星新一公式サイトより引用)
1926年9月6日、東京・本郷区駒込曙町生まれ。生家の星製薬株式会社取締役社長、副社長を経て、1958年「セキストラ」により、商業誌デビュー。宇宙開発時代の到来と重なり、日本SF文学の旗手として脚光を浴びる。
400字詰め原稿用紙にして10数枚程度のショートショートと呼ばれる小説形式を得意とし、当用漢字しか用いない平易な文章、時事風俗や固有名詞、性や殺人を描かない透明感のあるその作風は、年齢性別国籍を問わず広い読者層、とくに小中学生の子供たちに支持され、「ショートショートの神様」と呼ばれた。
作品には、『ボッコちゃん』『ようこそ地球さん』『きまぐれロボット』などのショートショート集があるほか、長編や伝記も発表している。生涯にわたり、1001編以上のショートショートを発表。
1997年12月30日、死去。享年71。1998(平成10)その功績を称え、日本SF大賞特別賞が贈られる。刊行部数は新潮文庫だけでも3000万部に及び、今なお増刷・復刊が行われている。

★★ 岡本忠成 プロフィール ★★

1932年1月11日、大阪・豊中生まれ。大学卒業後、2年間の会社勤務を経て、日大芸術学部映画学科へ入学。卒業後は持永只仁が立ち上げたMOMプロダクションに入社、アニメーターとして活躍する。1964年に独立し、株式会社エコーを設立、デビュー作となった「ふしぎなくすり」以降、独自の作風を発揮しながら数々の短編アニメーションを製作する。
代表作には「ようこそ宇宙人」や「花ともぐら」などの星新一の作品を原作としたシリーズ、その他の有名な民話をもとにした「おこんじょうるり」「さるかに」「モチモチの木」、また唄とのコラボレーションでは合唱曲「チコタン」や、NHKみんなのうたのシリーズなどがあり、特に「メトロポリタンミュージアム」は広く人に親しまれている。
毎日映画コンクール大藤賞、芸術祭大賞、キネマ旬報ベストテン1位(文化映画部門)やヴェネチア国際児童映画祭銀賞など、国内外で受賞多数。
1990年2月16日、死去。遺作は、パペットアニメショウで共に作品を発表してきた盟友の川本喜八郎監督との共作による「注文の多い料理店」。
  • URL:http://yaplog.jp/eigagakkou/archive/117
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
最新コメント