消費者金融の審査に落ちる人の共通点 

March 07 [Mon], 2016, 3:59
消費者金融の審査に通る人と落ちる人がいます

消費者金融の審査結果は、申し込みをする人それぞれの属性や年収、過去の信用情報を元に決まるわけですが、この過去の信用情報は重要です

クレジット業界ではクレヒスと呼びます

消費者金融の審査でもクレヒスを重視します。

過去5年間にさかのぼって信用情報をチェックされます

過去5年間にクレジットカードや消費者金融の利用で滞納があると審査に不利となります

特に過去5年間に3回以上の滞納をしていると審査が厳しくなります

これは日常生活でも同じことが言えますよね?


知人や友人がお金を貸してくれと言ってきて、あなたが貸したとしましょう。

その後、知人や友人がなかなかお金を滞納して返してくれない場合、その知人や友人は信用できませんよね?

消費者金融会社も同様で過去に借金を滞納してなかなか返さない人は信用が薄れて審査が通り難くなります。

しかも、それを何度もやっている人は、ほとんどブラックリストなので融資は厳しいでしょう。

稀に審査の甘い消費者金融で借りれることはありあすが、それでも借りれる金額は小口です。


だから、消費者金融でお金を借りたい人は過去の借金利用履歴をチェックされるので、普段から滞納をせずに期日にしっかり返済して実績を積む必要があるのです。