手荒れの季節に

May 13 [Mon], 2013, 6:24
皮膚の脂質や角質が減少すると、肌を保護するバリアーが失われ、刺激やアレルギー源から肌を守ることができなくなります。
水仕事などで手の皮脂や角質が落ちてしまうと、肌のバリア機能が低下して乾燥し、敏感になります。
シャンプー、石けんなども低刺激の物を選ぶことや、水仕事以外の家事や就寝時にも刺激物から肌を守るため、木綿の手袋を使用します。
市販薬を用いてあまり改善効果が見られない場合は、皮膚科で薬を処方してもらうほうが良いでしょう。
このことは、手湿疹になるメカニズムを考えてみればわかります。
通常皮膚は、皮膚表面にある皮脂膜や、角質層にある角質細胞間脂質、表皮細胞由来の天然保湿因子などによってうるおいが保たれています。
手湿疹の水泡は痒みが強く、夜も眠れなかったり、我慢できずに掻いてしまったりします。
指の腹や手の手のひらから発症することが多く、手の甲にも症状が広がります。
主婦湿疹友の会
手荒れ克服日記
手は女の命!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:eifbpocc
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eifbpocc/index1_0.rdf