芹沢だけど相田

May 11 [Thu], 2017, 12:33
花咲がにを食べたことはありますか。
北海道の東端、花咲あたりで獲れるかにの一種で、分類するとヤドカリが正しいのです。
といっても、見た目も味もほとんどかになので市場ではかにと一緒にして一般に扱われています。濃厚な身の味わいと食感の良さ、市場に出る量は少ないため、一度は食べたい珍しいかにとして全国に知られています。

活かには下ごしらえしてから茹でましょう。きれいに洗ったら、30分程度水につけます。

ここからは軍手着用です。腹の三角形部分を外して、要所の関節に切れ目をつけます。甲羅から半身を外していきます。



双方をしっかり押さえ、片方ずつ半身を外します。胴には黒っぽい部分が残っているので、それをきれいにしてやっと現れたかに味噌を取りのけます。脚は茹でる前に一本ずつ外し、食べやすい長さにします。


さらに切れ目を入れ、殻を一部削いでおいたりすると、後で楽です。一度やってみれば、きっとコツがわかってくるでしょう。通販で買ったかにのおかげで、かなり危ない目に遭いました。



アレルギーでなくても、かにの食べ過ぎには用心してください。
通販で買った毛蟹はとてもおいしく、彼女と二人、全部を一気に食べていると、あれ?なんだか寒くなってきたのです。変だねと言いながら、まだ食べていたら、寒気は収まらず、震えだしてしまいました。

あのときのかには本当においしかったのですが、かにの食べ過ぎ、特にビールを飲みながら食べるのは危険です。私のような目には遭わないようにしてください。
紅ズワイガニは、安いが味は今ひとつ、とよく思われていますがそうは思いません。

今まで紅ズワイガニを食べた記憶をたどっておいしいものにあたったことがないとすれば今までおいしい紅ズワイガニにあたったことがないためでしょう。新鮮なら、紅ズワイガニは他と比べても実においしいかにです。


なかなか新鮮なものを食べられないためおいしくないと思われているのかもしれません。


店頭販売ではなく蟹通販で蟹を買うことのメリットとして最も特筆すべきポイントはどこに住んでいようとも、蟹の名産地から新鮮な蟹を手間をかけずに購入できることでしょうね。対してスーパーなどの場合、様々なルートを通っている分、なかなか「産地直送」とはいかず、どうしても鮮度の面では劣ってしまいます。

お店の方が良くないというのは意外な結論かもしれませんが、新鮮さを求めるなら漁港から直接届けられる蟹通販を利用するのが最も賢い方法なのです。



色々なかにの通販がありますが、同じブランドのかにであっても、ボイル?活かに?でどうしようと頭を抱えた方もいらっしゃると耳にします。
いくつかのかに通販を見る限り、かにの購入で検討するならばボイルではなく、活かににしてください。まず間違いなく、活かにの方が新鮮でおいしい、と考えるのが妥当です。
かにの産地の特集を、年末にテレビで観て、通販でかにを買えるという話で、量も味もとても魅力的だし、送料無料にもひかれ、お正月用に奮発して買いました。



実は、生鮮食品を通販で買うのは初めてでした。本当にテレビで見た商品が届くのか心配していましたが、実際届いたかにはテレビの通り、ぎっしり身が詰まっていました。食べてみると濃い味で、すばらしいお年賀でした。あの味は忘れられません。今年も買います。ガザミ、イシガニは、食用になるとワタリガニと呼ばれます。
ズワイガニや毛蟹に比べれば脚が発達していなくて貧弱に見えますが味噌がおいしいかにを求めるなら味噌好きをうならせています。

流通量は多く、庶民的な価格なので脚より味噌、と考えるなら十分満足できるかにです。丸ごと調理するのも簡単なサイズでいろいろな料理に使えるかにでもあります。
絶品の蟹を楽しみたい場合に、店先で入手したり、通販で取り寄せたりするのが普通だと思いますが、これらの方法以外にも、温泉に行き、現地で食べるという奥の手があります。
蟹を美味しく食べられる、そんな温泉地に行けばいいのです。
ですから、蟹が獲れる場所に近い温泉地に行けば、蟹と温泉両方が楽しめるシーズンもあるでしょう。



しかし注意点が一つあり、温泉だけであれば通年利用できますが、蟹は必ずしもいつでも食べられるとは限らないので、シーズンに合わせて行きましょう。

蟹通販はお得な一面が強いですが、皆さんが利用を躊躇する理由があるとしたら、新鮮さが心配だという部分ではないでしょうか。


「通販」を誤解している人の場合、なんだか鮮度が悪いように思うのでしょうか。
しかし、実際の場合、蟹通販に関してそういう心配はほぼ必要ありません。


「産地直送」を謳う蟹通販は、水揚げされた漁場から直接発送しているので、スーパーなどの店頭に並んでいる蟹と比べてもむしろ新鮮さにおいては優っていることが多いのです。日頃から親しんでいるものの中にも、詐欺の芽が隠れていることがあるようで、ここのところ増えているというのが、買ったつもりのないかにを勝手に送ってくる、通販押し売り商法です。
まずはかに通販会社と称するところから電話がかかり、何周年キャンペーンでただ同然のかにを買えるなどと興味を引き、電話でのやりとりの欠点として証拠が残せないものの、断ったつもりで安心していると忘れた頃になって、かにの入った大きな荷物がどーんと届けられ、初めて詐欺にあったことに気付くというわけです。それとは違うケースに、最高級のかにだとカタログに記載し、購買欲をそそる写真を載せながら、あちこちで売れ残ったかにを安く引き取って再冷凍してから送るとんでもない業者まで現れました。こうまでして人を騙したいのかと呆れ返ってしまいます。

通販は、相手も商品も見えないものだけに、信用できる会社を見つけることこそが、いいものに出会えるかどうかの境目なんですね。



よく蟹の旬ということを言いますが、蟹は実は水揚げできる時期が限られています。



一定の時期にならないと漁が解禁されません。
皆が好き勝手に獲っていると水産資源が枯渇してしまうので、品種によりますが9月や11月など秋頃に解禁日が設定されており、それから翌年春頃までの期間しか蟹漁はできないことが定められています。蟹の旬を逃さないためには、毎年の解禁日がいつか認識しておくことをオススメいたします。

かに通販を検索してみると、ズラッとかにの販売会社が並んでいます。同じようなお店ばかりでこんなにも多くのお店があり、豊富に取り揃えられたかにを見ているだけでも幸せを感じますね。
ズラーっと並んだどれも遜色ないお店の中で、これもズラーっとならんだかにの写真を見ただけではどれをえらべばいいかなんてわからず、思わず頭を抱えてしまうこともあるかもしれませんね。
でも選び方はいたって簡単です。人の尻馬に乗ってしまうことです。つまり真似っこをすればいいのです。

もちろん、失敗もありえますが。
当たり前のようですが、良い品をゲットするためのそれこそがポイントになります。



人気が今どこに集中しているのかを探るには、デイリーランキングや売れ筋ランキングなどをこまめにチェックするのが効率的です。何度かいろんなかにを楽しむうちには舌もそれなりに肥え、ランキングに無関係な自分なりの基準が見つかるなど、それぞれにあったかにの楽しみ方ができるでしょう。
蟹好きの私には嬉しい季節になりました。
至高の蟹に舌鼓を打つべく、休暇をとってはるばる北海道を訪れるのが、この時期欠かせないお約束になっています。私が毎年必ず足を運ぶのは、昔からの知り合いのお店でもある、函館市内の店舗です。
ここは隠れた穴場ですよ。



蟹の刺身、焼き蟹、茹で蟹、蟹しゃぶなど、美味しい蟹料理を味わいつくすことができます。



私が北海道に行く主な目的がそのお店だといっても過言ではありません。買ってもいない蟹が突然家に送られてくる。
それが最近有名になってきた「蟹通販詐欺」、またの名をカニカニ詐欺です。代引きで送られてくるのが基本ですが、家の誰かが注文したのかと思い、多くの人はその場でお金を払ってしまうと聞きます。

きっぱり断ってもいいのですが、他の詐欺の手口と比べれば金額も圧倒的に少ないですし、蟹は実際目の前にあるので、まあいいやと諦めて警察にも言わずに済ませてしまうことが多いのです。
皆さんも、いきなり蟹が届いたりしたら、ちゃんと本人に確認するようにしましょう。かに通販だと、新鮮なものが届くかどうか気になりますよね。少し前まで、通販のかにというと鮮度に問題ありという評判ばかりでした。現在、その問題はほとんど克服されました。
産地で加工した品をそのまま宅配できるようになって、通販でも市場で買って送るのと全く変わらないおいしくて鮮度もばっちりのかにを買えるようになりました。通販の業者は玉石混交です。


どこでも良心的な買い物ができるとは限りませんので、お店を選ぶのはとても大事なことです。

ここ2、3年、ネットやテレビのかに通販のお世話になって、かにを買うのが当たり前だと思うようになりました。
どの食品でも同じですが、今はインターネット通販やテレビショッピングが充実していて、水揚げされたばかりのかにを、産地から直送してもらえるためです。
通販で生のかにの販売が増えており、これがけっこうおいしいので、かにを食べようという話になったときは少々時間はかかりますが、店舗に行くよりもまずはかに通販、が当たり前になっています。ネット全盛の時代とはいえ、テレビでも通販番組をやっているので、それで蟹通販に魅力を感じた方もいるでしょう。

ですが、今は通販のメインもネットにシフトしている時代。まずはネットでテレビと同じような値段で蟹通販が利用できるのか、一度調べてみたほうがいいでしょう。

その理由は、テレビ番組を通じて買うよりも、ネットで注文した方が良いものを、お得な値段で買える場合が多いからです。
一方、詐欺やトラブルの危険性を気にされる方は、業者のネームバリューにおいて優るテレビ通販を利用した方が、あれこれ気にしなくて済むので良いかもしれませんね。松葉ガニのメスを、ある時期セコガニと呼びます。

メスしかいないので、松葉ガニより小さいカニがほとんどですが産卵期前で、卵を抱えていて身も濃厚な味とされていて、このかににしかない味を愛する方が後を絶ちません。市場に出回るのは、ごく短い期間です。

わずかに11月から1月の間と水揚げされないので、珍重されるのは当然です。お歳暮でかにを贈るのも良いですよね。



そのかにを買う際には詰めを甘くしてはいけません。実にありがちなことですが、贈るかにを決める際、店側に勧められたかにを安易に選ばないことです。どれを選んで良いかわからないからでしょうが、向こうがプロだからと安易に任せてしまうと、店が早く処分したい品を選ぶかもしれません。

贈答用のかには特に実績のあるところから買うことを勧めます。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:直樹
読者になる
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる