杉浦でウミガラス

May 21 [Sat], 2016, 13:16
私は洋裁専門学校に通学しています。生徒の数が少なく、建物自体も小さい学校ですが、その分丁寧に親身になって教えてくれます。その学校に入るまで、私は洋裁について知らず、やったこともありませんでした。針と糸も普段使いではありませんし、ミシンだって小学生の頃に授業で使ったことがある程度の能力です。なので、入学前は授業について行けるかということが不安でした。しかしながら、基礎中の基礎をきちんと教えてくれますので、今ではかなりスキルアップしています。
生徒の年齢層はさまざまで、それも最初は不安でしたが、いろんな話を聞くことができるのでそれは楽しいです。生徒数の少なさで、学生達がとても仲がいいのです。先生がお菓子をくれることだってあります。学校では、洋裁技能検定を受験することが必須になっているのです。専門用語や洋服の知識、それに製図の方法と言った問題が出されます。初級と中級、それに上級があり、それなりの難易度です。受験が近づくと頑張って勉強しました。その結果、初級と中級の合格を果たせました。
次に控えるのは上級です。とても緊張する内容ですが発表会があります。発表会は終業式を兼ねて3月に開催されるものです。1年間の集大成を着用し、小さなランウェイを歩くことになります。発表会を見に来る人がそこまで増えるということでもありませんが、人前に出るというのはやはり緊張します。発表会を生徒たちで作り上げることは一生の思い出になります。洋裁専門学校に入学して勉強ができたことを良かったと確信しています。






プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠人
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eicg2s5omtoent/index1_0.rdf