リスニングパワー効果風の巻うそなのか

September 02 [Mon], 2013, 23:42
英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

幼い頃は脳も耳も柔軟で、さまざまな言語を聞き取ることができるのですね。

ネイティブの言語が自分のものになるのは、12歳が指標となると言われます。

12歳まで英語を喋っていても12歳を超えてから日本語しか喋らない、聴かないということになると、もう英語は話せない、聞き分けることができないということになるそうです。

31日の間、ただ繰り返し試聴するだけで、幼い時期から隠されていた聴きとり能力が目覚める英語

ということで、おさない頃、なんでも聞くことができるという時期の状態にさせてくれる教材ということです。

周波数の異なったところが日本人が英語を聴き取ることができない理由

ということで、言語の周波数といっているのは、何回か聴いたことが存在します。

おとなになると慣れ親しんでいる周波数のほか、やってもやっても対応できないのですね。

リスニングパワーは、英単語を習う教材ではありません。

文法を習う教材でもないです。

このことを間違えると、いま話題にあがっている教材を購入しても役には立ちません。

英語を聞き取る能力を鍛える教材です。

ここを鍛えておかないと、英語での聴きとりや、喋ることは難しいのです。



-----ことわざとか名言とか格言 座右の銘-----
そういわれる文言をきいたら心が踊ります。

今まで行なってきたことを振り返ってみて

今の自分はどこが劣っているのか

自分で見出すことがたくさんあります。

1日一言、自分を向上させるために、この言葉がどんな意味なのか考え抜いてみませんか

『人生に失敗がないと、人生に失敗する』

人生は1冊の問題集といいます。

自分の修行のために、自分を高めるために人生はありますので、学んで自分を磨く何かがなければなりません。

何も失敗がないということは、学ぶことがないといいうことですね。

このことわざや名言が有用であるかは、あなた自身の問題です。

心に響くものがなにかあれば素直に受け取って、

すぐにできることならすぐに行なって、

さらに自分を磨きましょう。







@
P R
http://yaplog.jp/eibailispwb/index1_0.rdf