インプラント手術の未経験者にとっ

January 25 [Wed], 2017, 6:43
インプラント手術の未経験者にとってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
インプラント埋入手術をうけても、大して痛くないのが普通です。切り開くあごを中央に、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れと供に多少の痛みはあるかもしれませんが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

その人工歯には、いろいろな形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。

セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を作れるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が要求される作業です。

当然、一つ一つの義歯の制作には時間もかかるので、時間・技術供に大きなコストがかかってくる結果、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。インプラント治療を希望する代表例として、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないといったケースです。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。これが、インプラントの埋入なら失った歯のみにはたらきかける治療と言えます。両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医でないとできないなら、海外で治療をうけるという手段もあります。インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。
困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら沿う簡単に断念せず、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることを頑張ってみましょう。


どんなインプラントも当然、虫歯にはなりませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大切で、維持していく為には、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。


もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察をうけましょう。
せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口のにおいを人から指摘されるようになったという件が一部で見られます。義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、インプラントと隣の歯の間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているという可能性もあるのです。
そのようなケースでは、放っておかずに診察をうけてください。インプラント治療を初める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。



とり訳、歯周病や顎関節症がある場合、治療を初める前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保する問題が生じます。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。


ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、まだ定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保つというのが多くの意見です。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないと取り返しのつかない事態が起こってしまうという押さえが必要です。一般的にはインプラント埋入手術を日帰りでおこないます。

使われるのは部分麻酔で、全身麻酔になることはほとんどありません。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院してうけることもあります。もし、自分が該当すると思われるなら治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
希望すれば誰でも、インプラント治療をうけられるとは言えずインプラントの埋入まで行けないこともあります。


でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」というようなことであればもう少し粘ってみてください。最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療ができるようになっているんです。よく調べて、最先端の治療がうけられる歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。


人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。



チタンの他、セラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。
インプラント治療は基本的に保険外治療でほぼ全額自費とみるべきです。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。

入れ歯や差し歯に替る新たな技術と言われるインプラント。使用年数はちゃんと使っていれば一生もつと言われるのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。



口内のセルフケアを怠れば、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。
口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、義歯の耐用年数自体にも影響が出ます。

全てのインプラント治療にとって大切なのがどみたいにして歯科医と歯科医院を決めるかです。


この治療では、すごく特殊な外科的施術をしないといけないため成功例ができるだけ多い、なるべく経験豊富な歯科医に治療して貰うように努めてください。それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明瞭に答えてくれるというようなことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。例外はありますが、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。全額自己負担が普通ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。手間はかかりますが、年一回の確定申告によって収入から医療費を控除されます。
確定申告で医療費控除をうけたい場合、歯科医を利用したときに必ず貰う領収書がお金を払った証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというエラーがないよう保管しておくことをすすめます。
一口にインプラント治療といっても、段階が大きく3つに分かれます。まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。



あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、持ちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を初めてから全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Runa
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる