藤井がハシブトガラ

December 26 [Mon], 2016, 15:55
私が看護師になりたいと、思うようになったきっかけは、病気、怪我、体調不良などで苦しんでいる患者のサポートをするという、この職業のやりがいを感じたためです。

私自身も過去に入院したときに、看護師さんには、とてもお世話になり、私も一人の看護師として、患者さんに支援をしたいと思っています。

看護師の数が少ないという医療機関も思ったより多いので、再就職は素晴らしいと思います。

とはいえ、仕事をしていない期間が長い場合、少々不安ですね。

転職を斡旋してくれるサイトなどを最大限に利用して困ったときに、相談にのってもらえるような機能を活用してください。



平均寿命は年々高くなり現在では超高齢化社会になっています。

そういう状況で、需要が見込まれる職業が看護師と介護士、医師です。

全て専門知識、特殊な技術が必要な仕事で、楽な仕事とはいえません。

これらの職業人の育成に関して政府は今よりも、真剣に考えるべきではないでしょうか。

看護師は医療機関が就業場所ですが、すべきことは医療行為だけではありません。

看護師は病気やケガで動けないクランケのサポートもしなければならないので、クリニックの中でことさら忙しく作業しているのです。

厳しい労働の割には、薄給で、精神的圧力で体を壊してしまうこともありました。

一般的には、看護師は厳しい労働だと認知されています。

というのも、近年の病院における雇用体制の悪化が原因で、改善する傾向がみられない人手不足により勤務時間が長くなってしまう動向がみられるためです。

長い労働時間に加えて、1ケ月に何回か組み込まれる夜勤がありますから、常に、疲れと心労を抱えている看護師が多くなるのでしょう。

仮に、看護師の仕事をこなしながら経済的な余裕を望むなら、パートなどの仕事があります。

仕事がない日を利用してアルバイトなどを行う看護師は毎年増加する傾向がみられます。

Wワークの利点は、何もしていない時間を効率的に使うことが出来て、別の仕事をすることでストレスの解消にもつながる事です。

病院へ行くと次から次に患者の人がくるので、看護師さんは常に忙しい様子です。

手際よくこなしていたり、大きな声で名前を呼んだり、患者さんに説明したりなどと、性格がしっかりしていなければ、無理なかなり大変な職業だと思います。

しかし、その分、やりがいのある職種だと思いました。

看護師が転職を行う場合は履歴書をきちんと準備する必要があるでしょう。

履歴書を書く際には、大事な要点が数点あります。

まず、写真は過去三ヶ月以内に撮った新しいのを貼ってください。

それと、住所や氏名などはきちんと正確にキレイにわかりやすく丁寧に書いていくことが重要です。

看護師の平均的な収入は、あれほどの激務にもかかわらず、それほど高額ではないのが実際のようです。

いつもよりよい月収を支給してくれる職場を希望して転職のために活動している人がいるのです。

月収が良い病院は、やはり人気で空きが出ないため、中には、看護師専用の転職サイトなどを使って、転職活動をしている人もいるようです。

看護師が自分の看護の腕前をもっと磨いたり、医療経験を繰り返し、スキルアップするには様々な手段があります。

現在の勤務先から自分を活かせるような他の病院、医療施設などで働いてみるのも方法の一つでしょう。

他にも、最新の技術とか幅広い知識を手に入れるためには看護に関わる資格の勉強をするのも能力向上の方法の1つです。

よく知っている看護師がずっと人間関係に悩まされていたのですが、結果として先月、退職してしまいました。

このような状況のご時世、新たに看護師を受け入れるにも看護師のなり手があまりいないそうで、病院側は戸惑っているみたいです。

退職された後に、困ってしまうなら、そのような状況に陥る前に、待遇などに配慮すれば改善するのにと思います。

一般に、看護師に就職するには、単純に知識、技術だけではなく、「この世界で働くんだ」という固い決意が大事だと思います。

やはり、専門職であるから、OLなどに比べると高収入で、働き口に困ったりもしません。

しかし、滅多に関わることのない人間の死と向き合わなければいけません。

実は、看護師の初任給は仕事の割に少ないと思います。

病院に入院して看護師ウォッチをしてみると、重病な患者が入院治療中でなければ、一定の業務をこなすだけですが、その作業だけでも結構大変です。

多くのサポートが必要な患者が入院している場合には、さらに大忙しになってしまい、気持ち的にも相当ストレスが強まるでしょう。

知人が入院している病院に見舞いをした時に、慌しく看護師が複数の患者さんのサポートを行っているのを頻繁に見かけました。

患者の中には体が不自由なために、何度もナースコールを行う人も多いのです。

現場で働いている看護師は、お見舞い客の立場でみる範囲でも、日々苦労が絶えません。

退職金に不安を感じている看護師さんがいるでしょう。

看護婦の退職金は、国立、県立の病院なら支払い額が多いです。

国立や県立の病院の次に多いのが、大学病院になるでしょう。

規模が小さい医療施設の場合には、退職時に支払われるお金は多くありません。

やはり、夜間の勤務が多くなる職種なので、ほとんどの人にとっていいとは言えませんが、全体としてみれば、規模が大きい病院の方が待遇が良好でしょう。

派遣で、看護師が働く時には、良い点や悪い点があったりします。

まず、良い点としてはそれほど長期にわたって働く必要がなく、自身の条件や都合に合わせて他の職場に自由に変われることです。

不都合な部分は昇給やボーナスがないので、長期間勤務するには向かないことでしょう。

いわずもがなかもしれませんが、医療現場では、看護師の仕事というものは大事な職務です。

いつも厳しい現場で働いていると、耐え切れないほどの心の負担につぶされそうになることもあるでしょう。

看護師は常日頃、命に影響を与える仕事をしていますから、強烈な緊張感に晒されることも少なくなく、精神的ストレスをうまく発散させることも重要です。

看護師の年収は高額だと思われている方もいるのではないでしょうか。

しかし、看護師は夜の勤務がない場合、あまりお金を得ることができず、トータルの年収もそれほどでも無いことがあります。

そのため、独り身の時はシフトに夜勤がある病院に勤務して稼いで、成婚後は夜勤のないクリニックに再就業する方も多いでしょう。

医療機関で働く看護師は、勤務時間は多岐に渡っています。

常に、決まったお休みが取れないといった難題があるでしょう。

看護師というのは医療機関にとって大事な職業ですが、働く側にしてみるとお世辞にも良いとは言えない就業状態が少なくありません。

実際、看護師からすると仕事と育児を同時にこなすのは困難な問題といえます。

病院で仕事をしたいと感じていても、育児をやりながら、看護師の職責を果たすというのは、様々な困難が発生してしまいます。

看護師も育児もこなすのは個人の問題ではなく医療全般の課題として試していく必要がある思います。

看護師は大変なこともいっぱいある仕事ですが、一生働きやすい仕事であるなんていわれています。

例えば、妊娠で一度休みを取った場合でも、再就職しやすい職業でしょう。

高レベルな専門性が産休の後の復帰のしやすさにつながっていると考えられるでしょう。

ただ、就職先に困らないといわれますが、離職の割合が高い職業です。

看護師は患者の人の生命に関わるような仕事をしているので、かなり精神的に疲労します。

しかし、それでいながら、それほど高給ではない給料でがんばって仕事しているのです。

看護師の業務への意欲をアップするためには、是非とも給料を増やしてほしいと考えています。

看護師は今も人手の不足が叫ばれています。

人手の不足を改善するには、看護師の免許がありながら看護の仕事に就いていない人に、看護師として仕事をしてもらうことが良いと感じます。

そうするには、柔軟な働き方が出来るように、すぐにでも、医療機関が直すべきところは直していくことが大切です。

やはり、看護師の仕事は、大切であり、病院、医療施設では欠かすことのできない大切な担務を背負っているといえます。

重要な仕事であると同様に、夜勤など、日々違う勤務形態が寝る時間が短い看護師が少なくありません。

看護師を務めるためにも自身の健康管理というのも必要な仕事だといえます。

比較的ラクそうな職場だったのに、なぜ転職したの?とそのわけを問うと、「あまり忙しくなかった。

とのことだったのです。

出来ることなら働きたくないと考える人が多い世の中で、彼女みたいな人もいるものなんですね。

友人に看護師がいるのですが退職するかしないかで迷っていると相談されました。

彼女はちょっと前に結婚したのですが土日勤務で土日休みの夫と休日が合わず、一緒にいられない生活が続いているらしいです。

子供も作りたいし、とは言うものの、今の仕事は続けたいと考え込んでいました。

早くに退職する看護師は少なくありません。

女性の職場だけに、人間関係がこじれてしまうと、修復することが難しく、辞めたところで、再就職が容易であることも影響しているのでしょう。

他の仕事と比べて再就職しやすいため、希望労働条件と著しく違う場合、退職して、他の医療機関に就職する人も多いでしょう。

転職しようと思う看護師の志望動機には多様なものがあります。

よくあるものとしては、最先端の医療や高度医療技術を身につけることと場数を多く踏むために、より専門的な病院に転職したいなどの事例もあるでしょう。

別の例としては、結婚して、出産などのライフスタイルに変化で、転職を希望する場合もよくあります。

それ以前は看護師が男性の場合に限って、士という漢字を使用していました。

ところが、今は男性の場合でも女性の場合でも、看護師の仕事をしているならば、師と言う漢字を使うことになっています。

看護師と看護士の両方を使用していると、曖昧で分かり辛いので、統一されたのだと考えられます。

看護師は病棟の仕事仲間と食事会をすることがあります。

急患が来ることも多い職場なので、全員出席することはあまりありませんが、都合を合わせて飲み会に行きます。

普段言えない話も話せるので、言いたいことがたくさん言えて飲み会は大盛況です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuduki
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eiasvifsliktld/index1_0.rdf