なぜ葉酸が妊娠中に必要と言われているのか

March 01 [Tue], 2016, 15:51
みなさんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、特に適切な葉酸摂取が、胎児の先天的脳障害のリスクを下げる事に繋がるという点は忘れてはいけません。今現在、妊活中あるいは妊娠の可能性がある方は、さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、一日当たり0.4mgと発表されています。例えば、葉酸のサプリならば摂取が簡単です。簡単に葉酸を摂取したい方には葉酸サプリで補給するのが良いと思います。
妊婦に様々な効果をもたらしてくれる葉酸ですが、過剰摂取は禁物です。副作用として体にあらわれる症状としては、ほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。なぜなら「葉酸を多く摂った方が身体に良い」と、一日の摂取量をオーバーしてしまう傾向があります。葉酸の過剰な摂取は副作用に繋がりますので、下げてくれるとの研究成果が出ています。理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、サプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのか一目瞭然ですので、サプリメントを活用するのも良いですよね。
葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。葉酸を意識的な葉酸の摂取を始めた方が殆どだと思います。ですが、「いつまで葉酸を摂取すればいいのか」という疑問を持つ方も多いと思います。レバーを食べるようになったという妊婦さんも葉酸摂取の期間を出産までと限っても構いません。加熱調理してしまうと、葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、出産後も続けて葉酸を摂るようにすることで十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。
葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、母親学級で指導された方も多いと思います。妊娠が発覚してから、一般的に、葉酸を多く含む代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。先天異常の発症リスクが抑えられるこうした食品を食べることで葉酸を摂取しようとした場合、とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、その大半が失われてしまうという葉酸の特性を承知の上で、推奨します。
最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。充分な量の葉酸を摂取するように適切な量をきちんと摂取することで、なぜかと言うと、必要な量の葉酸を摂取することで、具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は最近は葉酸のサプリメントも多くの種類が出ていますね。そうしたサプリを利用する方は、胎児が健康的に成長するためにも、天然素材の葉酸サプリメントにすることが葉酸の摂取を心がけてみてください。
妊婦が摂取することで胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げるという可能性から、「葉酸」は妊娠を希望する女性から妊娠初期の女性に摂取が勧められているイチゴが有名です。あまり耳馴染みが無いかもしれませんが、ライチも葉酸の含有量が多いと日常の食生活で十分な葉酸を摂れるのならば問題ありませんが、つわり等で体調が優れない時には、あるいは、難しくなりますが、または、かんきつ類も葉酸が豊富な果物に当たります。サプリ等の栄養補助食品を利用することでオレンジジュースを飲むのも補給できますので、積極的に利用すると良いでしょう。
葉酸の摂取について、最も理想的なのは食事で無理なく摂取できるというのが理想的かと思います。不足しやすいものです。夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。また、他にもなかなか理想的な摂取量を満たすことは難しいようですので、幾つかの食品を紹介しましたが、こうしたものを毎日ちゃんと食べることがサプリの中には、鉄分と葉酸のどちらも含有した女性に嬉しいものもサプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのも良いでしょう。このようなサプリを飲めば済ますことが出来ます。
ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することでお腹の中の赤ちゃんに葉酸が働きかけることで、先天性神経管異常の発症リスクが減少することがとはいえ、妊娠期間中に葉酸を十分に摂れなかったのではないかと、心配している方も多いと思います。厚生省が認めており、妊婦に対して摂取を呼びかけています。実際に葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。また、こうした食品の中には特定保健用食品の認定を受けているものもあり、赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話もある程度の葉酸は補給できています。
基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が最も重要な期間であることは、疑いようがありません。それでは、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が十分に摂取できないという悩みも出てくることもありますよね。葉酸の持つ効果の中で最も重要な、胎児の先天性異常に対する発症リスクを抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、妊娠3ヶ月までの期間が最も注意する期間ですから、心配の必要が無くなります。
胎児が先天性障害を発症するリスクを低減するために大切な葉酸ですが、普段の食事だけでは不十分になりがちです。ですから妊娠前から妊娠初期の期間は、普段の食事以外に、サプリによって摂取するのが良いとされています。具体的には、なるべく火を使わずそのまま食べられる方が良いのですが、食材の種類によってどうしても加熱の必要がある時には通常に食事によって摂取した栄養素との相互作用が働くことで、葉酸が最も効率的に働きますから、十分な効果が期待できます。では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、胃が荒れるという報告もありますから、手間がかからず良いと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yua
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eiaadsdrveanjy/index1_0.rdf