外壁塗装作業時の注意点

March 27 [Sun], 2016, 22:41
外壁塗装作業の時に、ぜひ注意したいのは大きな荷物の扱いで、なるべく大型家具の表面や、家電に傷がつかないような工夫をしたいところです。
せっかくの新居ということで買った新品家具などは、場合によっては市販の緩衝材を使うなどして用心深く運ぶようにしたいものです。
新品家具を、新居に置けると思うと嬉しくなります。
しかし、運ぶ間に傷だらけになってしまったら、誰だってガッカリしてしまうでしょう。
賃貸の部屋から外壁塗装をする場合には、クリアしなければならない、退去時の立会いという、お部屋チェックが待っています。


大家さん、もしくは管理会社の物件担当者が来て、部屋のチェックを隅々まで行います。
退去時の立会いが終わったらようやく退去になります。それからこれは、物件ごとに少しの違いはあるようですが、電気ガス、水道代など公共料金の清算はちゃんと済ませておくことになっていますし、部屋の鍵ですが、自分で作ったスペアなども全て、管理会社に返却しましょう。
私は外壁塗装経験があるほうだと思います。いつガスを止めたら良いかとよく聞かれます。
事情が許す限り、外壁塗装当日にガス会社の方に来てもらうようにしています。

何度外壁塗装していても、外壁塗装の前には体力も使いますし、汗もかくため外壁塗装の前日は、どんなに遅くなっても最後のお風呂に入り、翌日に備えたいためです。

外壁塗装当日も、作業の合間に温かいものが飲めると気持ちが休まるのです。
住民票の移動と連動する手続きの筆頭といえば、自動車など運転免許証の住所変更に行くことです。

運転免許証は幅広く使える写真付き身分証明書なので、住民票を移動したら、早めに手続きしましょう。

外壁塗装た先の警察署を訪ね、運転免許証だけでなく、新住民票の写し(住所変更した健康保険証や、新住所あての公共料金領収書なども使えます)を所定の窓口に提出し、届を書いて出すだけで記載事項変更は終わりです。予約を入れて、外壁塗装作業を依頼しておいた場合、直前になってキャンセルをすると、キャンセル料を支払う羽目になってしまうことがあります。



業者は、実は見積もりを出す時に、外壁塗装業者はキャンセル料の発生条件などについて説明しなければなりません。

しかし、その説明が書面でなされた場合にはキャンセル料についての記載に気付けないこともあります。
ですから、業者に予約を入れる前に、キャンセル料がいつ発生するか聞いておけば、間違いがないでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヨテキ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ei5e61k/index1_0.rdf