やっちゃんが高山

March 25 [Fri], 2016, 19:50
看護師として、毎日激務をこなしているうちに、辛酸をなめるようなことも多いでしょう。どこが一番楽のできる診療科か、ということを頭の中で検討していても、おかしなことではないでしょう。
なかなか言い切るのは難しいのですが、比較的のんびりできる病棟として知られているのは、残業の少なさから、精神科、眼科、整形外科などがピックアップされるようです。


ですが、どういった病院か、症状がどれくらの患者さんを受け入れる病院なのかにより、仕事内容がきついかどうかは、変わってくるでしょう。看護師の役目で重要な事の一つに夜勤が存在するという事があります。病院などの機関では、夜中でも患者さんの病状が急変する事も少ない事はありません。

それに備えるために治験看護師には夜勤があるのです。
しかるに、治験看護師にとって、夜の勤めというのは体の調子を崩しやすくなりますし、負担が重いと言えます。免許が必要な専門職である看護師は医療や介護など、様々な場面で求められています。その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、丹念に当たってみるなら、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。ネット環境があれば、簡単にアクセスできる看護師を対象とした転職、求人を扱うサイトなどもかなりの数があるのです。なので、会員登録して上手く活用しながらぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。



看護師として、初めての病院で働きだそうとする際、気になるのはその配属先ですが、ほぼ希望を通してくれる場合もあり、また、そこで人事を引き受ける人の見解により、決定されることもあり得ます。望んでいない配属になったとしても、その場所でその人が必要だという病院側の判断により、検討された結果であることがほとんどでしょう。

ただし、配属されて、どうしても違和感や不満などが治まらない時は、指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。看護士も看護師も基本は同じ職業を言い表わします。異なる点はどこかというと、男性を今までは看護士、女性を看護婦と位置づけるように性別によって区分されて名づけていたものです。
現在においては、男女両方共に看護師という呼び名に統一されています。よくいわれることかもしれませんが、看護師の転職の極意は、次の仕事を決めてからやめるのが良いですね。

加えて、3ヶ月程掛けて注意深く確認して新たな仕事を見つけることを勧めます。

先走って次の仕事へ行くと、またしても辞めざるを得ない場合も出るので、希望の条件に合う仕事をしっかりと見つけるようにしましょう。そのためには、自分の希望を明確にしておきましょう。



どの方法だったら、理想に近い形で、転職して、別の病院で働けるかといえば、専門の業者に依頼するのが一番の早道で、安心な方法でしょう。ネット検索をしてみると、色々な転職サイトをみつけられるので、登録を行い、情報を手に入れることが早道になるでしょう。複数の看護師転職サイトに登録しても良いので、気負わずに、試してみると良いでしょう。
看護師の男性の給与はいくらくらいなのか、わかりますか。



給料そのものは女性の看護師と違いはありません。ですから、男性と女性で大幅な違いが出てしまうということはないのです。給料の細かな金額は勤める病院などによっても違ってきますが、他の職業よりも給料がよくなっています。


結婚相手として看護師の女性と結婚したいという男性は多いと思うのですが、なぜ結婚できない看護師が多いのでしょうか。実際のところ、看護師の結婚年齢は早婚と晩婚の差が開いている事が言えるようです。
晩婚の理由として多いものは、日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、自分の出世を考えて婚期が遅れるようです。多くの看護師に共通する悩みのタネと言えば、職場での人間関係の難しさや勤務形態が不規則なこと等が挙げられるでしょう。
どうしても、女性が多い職場になると、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場も実は多いのです。

勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、もっと環境が良く、日勤のみの職場を探して転職するのもアリだと思います。看護師として働きながら経済的な余裕を望むなら、サイドジョブがあります。仕事が休みの日を活用して他の仕事で収入を得る看護師は毎年増えてきています。副業の利点は、仕事をしていない時間を効率的に使うことが出来て、別の仕事をすることで憂さ晴らしにもなる事です。

一般に、看護師に就職するには、単に、知識とか技術だけにとどまらず、「医療界に貢献していくんだ」といった強い考えが大事だと思います。
専門職だから、OLなどに比べると高収入で、勤め先にも困りません。
けれど、普段ならほとんど関わることのない人間の死と向き合うことになるためです。他業種と比べると、かなり高給取りの部類に入る看護師ですが、より稼ぎたいということで、Wワークを始める人も意外に多いです。看護師の資格を持っていれば、人間ドッグや健康診断のサポート、団体旅行に同行するツアー治験看護師などその時だけの単発の仕事や、期間限定、短期集中の仕事もあるため、うまく休みを使えば、Wワークで稼ぐことも結構、簡単にできるのです。しかし、メインの方の職場で休みをきちんと取らせるためにも、Wワークを禁じているところはありますし、大体、本業自体がとんでもない激務なのですから、体に無理をさせてまで副業をするのは、決しておすすめ致しません。
看護師の仕事といっても、配属された科の診療内容によって、看護技術やケアのやり方も違ってきます。ローテーション研修は、看護師にとってひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、いち看護師として視野を広くして物事を捉えられるようになり、多くの知識を身に付けることが出来ます。



今後どうなりたいかという希望を見付けることになりますし、モチベーションが湧きやすいようです。



やり甲斐という観点から見てみますと、看護師の右に出る仕事はそうそう無いのかもしれません。

でも、良いことばかりでなく、難しい面もまたあるのです。挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。
そして、職場にいる時間は長く感じる上に、交代制で不規則であり、医療現場である以上、緊張の度合いも相当大きく、仕事上のあれこれが人間関係の構築に響くようなことも考えられます。


大変だと知りつつ、看護師という職業を目指そうとする人が大勢いるというのは、難点を補って余りある長所も多いということに他なりません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Momoka
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ehzmntntiiaoge/index1_0.rdf