かんちの我妻

May 31 [Tue], 2016, 3:51
妊娠してから病院が行う栄養指導や、地域が主催する、母親学級を受けに行った方は多いと思います。多くの方が、そうした機会に、葉酸の働きと葉酸を多く含んだ食品を学ぶと思います。レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。または、ほうれん草などの野菜も、葉酸を多く含んだ食品の一つです。普段の食事にこうした食材を取り入れて、葉酸を摂取しようと考えている方は、調理の際の加熱で大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、十分な葉酸摂取を心がけてください。
妊娠や胎児における葉酸の重要性を踏まえると、妊娠中は当然のこととして、それ以前の妊娠を計画している期間においても必要な葉酸なのですが、忙しさから継続的な摂取を怠ってしまうといったケースもあります。葉酸の摂取不足は妊婦さんに共通する悩みですが、一番おススメしたい解決策は、サプリメントなんです。サプリであれば、手間なく葉酸を摂取できますから、忙しくて食事がちゃんと摂れなかった、なんていう場合も安心できますよね。
友達と会う機会があったので、妊娠についての話をしていたのですが、葉酸のサプリの話題が上ったのですが、ベルタが販売している葉酸サプリが一番良いと、目をつけているようでした。友達はいつから飲むものなのか迷っていたのですが、私が葉酸は妊娠前からちゃんと摂った方が良いと雑誌で読んだことがあったので、彼女に伝えました。友達には、いつも笑っていてほしいから、元気で健康的な赤ちゃんを授かってほしいと思っているんです。
妊活を実践している方にとって、ホルモンバランスを正常に整えるという事は重要な問題ですよね。ところで、ヨガがホルモンバランスを整えるのに効果的だという事をご存知ですか?ヨガは深い息遣いとストレッチによって、リラックス効果があると言われています。ヨガを行う事で自律神経が整い、ホルモンバランスが整っていくのです。「妊活 ヨガ」で検索すると、妊活に適したヨガの動画が見られますから、ヨガ教室などに通わなくとも、ご自身の都合に合わせていつでも始められます。少し息が上がる程度に体に負担をかける事で、新陳代謝を高め、柔軟性を上げることになりますから、崩れがちな身体と心のバランスをキープしてくれますから、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だと言えるでしょう。
冷え性の人は妊娠しにくいと言われています。体が冷えて血のめぐりが悪化すると、食事から摂る栄養素が体に有効に行き渡らず、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。このような状態を緩和するのに、お灸は効果的です。お灸は緊張をほぐして血行を良くして自然な代謝を促進し、ストレスを和らげる効果もあります。ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。
葉酸が多く含まれている野菜についてですが、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜の野菜に多く含まれています。赤ちゃんを授かったあと、早めにこれらの食材を摂取することによって、胎児の正常な発達に働きかけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があるらしいのです。十分な葉酸摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。そんな時には納豆とかホタテにも、多くの葉酸が含まれていますので、野菜の代わりにそれらを食べることをお勧めします。葉酸は様々な食品に含まれていますから、自分に合ったものから補給するようにしましょう。
妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が重要であると厚生労働省が発表しています。ところで、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は不必要なのか?という疑問も抱きます。しかし、それは違います。お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を低減してくれるという話では、妊娠3ヶ月までの期間が大変重要な期間という事ですので、お腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。
妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉酸ですが、いかに大切な栄養素であっても、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。中でもサプリは普段の食事の数倍にも及ぶ葉酸が含まれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりですよね。ですから、過剰摂取に陥らないよう、既定の容量を厳守するようにしてください。実際に葉酸を摂りすぎると、どのような影響が出るのでしょうか?葉酸の過剰摂取は胃腸がダメージを受けるため、食欲不振や吐き気などの副作用が出ることがありますから、注意してください。胎児は喘息を発症するリスクが上がるという報告があるようですから、適切な量の摂取を守るようにしましょう。
意外に思われるかもしれませんが、妊活中にも亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。亜鉛不足に陥らないよう気を付けてください。亜鉛は卵巣の正常な働きに重要な成分で、卵子が健康的に成熟するために、必要不可欠な栄養素であるからです。このような妊娠に嬉しい効果は女性だけに限った話ではありません。男性が摂取した場合、精子の質を高めることをサポートする効果があるのです。妊娠はどちらか一人ではできません。元気で健康な赤ちゃんを授かる為にも、夫婦での亜鉛の摂取を始めてみてください。
なんとなく不妊を疑いはじめたら、とりあえず基礎体温をつけることをお勧めします。たかが体温と思うかもしれませんが、基礎体温表をつけると、体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、妊娠につなげる手がかりとなるのです。普通の体温と違って基礎体温は、経過をみるために「毎日」、活動量の影響を受けない「起床時すぐ」に測るという注意事項もありますから、その通りにしていくのが大事です。最初の1か月は慣れるつもりで始めてみましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:雫
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ehwhaemyp1orrp/index1_0.rdf