インプラント治療はほとんど全額自己負担となる

June 17 [Fri], 2016, 22:07
厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
しかし、医療費控除の対象ではあります。
確定申告の一項目として、医療費控除は税金の還付を申告します。
確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたらおしまいのものとして暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用を払いきれるかどうか心配になる方もまだまだ多いのです。
しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローン商品を使える歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。
現金で費用を一括払いする必要なく、治療を始めることは実現できるようになりました。
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってください。
麻酔の効き方を確認しながら手術の本番に入るためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によってはだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
全てのインプラント患者にとって、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。
ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
それでも、相場はあると言えます。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。
人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって以下に示す何通りかに分かれています。
人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるものが1ピースタイプです。
他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。
2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kokone
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ehtu1enrebtcay/index1_0.rdf