安永の石井

June 27 [Tue], 2017, 8:52
株では株式チャートによって売買判断を行うという方法が存在します。

そのなかのひとつが、押し目買いという名で知られている取引の手法です。


株式チャートの値において、株価が移動平均線と接する数値を底値とし、その底値近くの値で株を購入するというのが押し目買いというやりかたです。これまでの経験によると、今後株価が上昇に転じる傾向が強くなるポイントといえます。


アベノミクスという言葉が流行していたので、私は、知識を持たないまま、株を始めたばかりの未経験者です。
はじめはまったく利益が上がらず、含み損で苦しんでいたのですが、このごろは景気が上向きなのか、私の手法がうまくなったのか利益があがるように変わってきました。私は、とある企業の株主に対する優待制度が受け取りたいために株式投資を始めたビギナーです。

つい最近、株を購入したり、売却したりするのが難しく感じなくなってきました。
株主優待制度も多種多様で、その会社の商品がもらえたり、買い物では割引価格で購入できるので、どの銘柄に投資しようか考えてしまいます。
初心者は株を売るタイミングを逸してしまいがちです。


人間は皆、欲望がありますので、「あと少しだけ高値になったら」なんて期待しているうちに、株価が下がってしまいます。確定させて利益を出さなければ利益にはならないことを念頭にして自分に合った株の売り方を検討してみると上手く利益が出るかもしれません。


ご存じだという前提ですが、株取引には現物取引と信用取引といった取引方法があります。
まず初心者にはリスクの高い信用取引はすすめることはできません。


今手持ちの資金内で投資できる現物取引から始める事をおすすめします。入金した以上に損するリスクがありません。
また、株主優待を目的として長期投資するのも一つの投資方法と言えます。


株の初心者が最初から難易度のある売買をすることは避けた方が身のためです。

仮に、株では空売りをして利益を得る手段があります。
空売りとは、売りから始める信用取引のことを言います。
空売りであれば、株価が下落した場合でも利益を出せる可能性があります。しかし、危険性もあるので、空売りは株の売買に十分慣れてきてから行うべきといえるのです。


株式投資に関する本を何冊も分かるまで読んだ上で、株のビギナーが投資をする場合、スイングトレードと呼ばれる投資法をチョイスする人もたくさんいるでしょう。
スイングトレードは上手に取引できれば大きな利益を得られるので、非常に人気がある株式の投資方法です。


当然ではありますが、いつでも利益が得られるわけではありませんから、マイナスになってしまうこともあります。私は近頃、株取引を開始したばかりの駆け出し者です。

株を買い、ある水準まで儲かったら、さっさと売却するべきなのか、反対に、長期保有した方が利益になるのか分からず、未だに悩んでいます。
長く手元に置いていると、優待による利益もありますし、悩んでしまうところです。株を始めたばかりの人はどの銘柄を購入すればよいのかわからないので、株式雑誌がオススメしている推奨銘柄の中からよさそうな銘柄を選択し、売買します。この経験を元に、徐々に自分が分かる銘柄の数を多くしていき、自分でいいと感じる銘柄を発掘できるようになることだと思います。株の初心者の弱点は、ずばり損切りなのです。ついつい上がると思ってしまい、手放さない場合が多いです。または、損をしたくないと思い、さらに損失を膨らませてしまうケースがあるのです。

絶対とか100%ということはありえないので、損失を最小限で済ませる事も株投資においてはすごく重大な事です。株式投資の初心者の方が、決算書を読もうと努力しても、報告内容がさっぱり理解できないことでしょう。実は、心配しなくていいです。
株を長く持たず、短期売買に限れば決算書を見なくても利益を出すことができるからです。
1点集中型の投資をしようという方にはさほど必要ありませんが、株とか債権、海外投資など、多様な投資を行うケースではポートフォリオに着眼して投資判断を下すべきです。最重要な投資のポイントはリスク分散型の投資スタイルですからポートフォリオでバランスよく投資ができているか、常に確認作業を行うことが必要でしょう。


株式投資をした場合、所得税の譲渡所得や配当所得などを算出した上で、確定申告が必要となってきます。
例外的に、特定口座を利用していた場合には、以上のような税務に関する計算は金融機関がやってくれますし、確定申告が不要なケースも少なくありません。
このため、株を始めたばかりの方にとってとてもオススメです。

株のデイトレードの際わずかな期間に大もうけできる人は確かに存在するのです。


デイトレードは、買った株を持越すことなくその日のうちに、手仕舞いしてしまう方法なので、予想できないほどに株価が落ちてしまうことも少なく、リスク管理が容易でしょう。
株の売買には現物株という方法以外にも投資方法は様々にあります。
オプションもその中の一つです。これにはコールという買う権利と売る権利であるプットがあって、めいめいに売買でき、この四つのパターンを組み合わせることによって、自由に投資戦法の組めるデリバディブ投資です。とても魅力的な投資法なのですが、十分な知識がいることでもあります。
私は私の好きな銘柄の株を保持しています。


毎年一回、配当をもらえるのですが、配当金だけでなく優待で様々なものがもらえるのが利点です。

中でも好みのメーカーからもらえると、もっとこのメーカーが大きくなって欲しいなという思いになります。
株の新参者が基礎知識習得のために推奨されることは、手始めに株式投資について書かれた本の中で、基本と呼ぶべき本を5冊以上読まなければならないと思います。株式投資関連の本を五冊ほど読めば、読んだ本の共通項目は大事なところだということが判明するからです。株式を購入する初心者に是非とも覚えてほしいワードにキャピタルゲイン並びにインカムゲインがあります株式で利益を上げるにはこの二つの単語を覚えておいてください。

キャピタルゲインは株の売買で生じる利鞘のことです。


例をあげると、1万円で買った株式を2万円で売り渡せば、1万円の差額がキャピタルゲインになるのです。
投資のビギナーが株を始めたいと決心したときは、できるだけ安全な資産運用の方法を検討する必要があります。



いきなり個別株を取引するよりも、初めのうちは投資信託などから取引してみるのがよいかもしれません。



その次に、少し取引の方法などが理解できるようになってから実際に株式の売買を行うとよいでしょう。


上昇や下落の大きさを時系列に追って、確認するものとしてチャートを利用する投資家は多数派と言えるでしょう。


例えば、長く上髭が出た株のローソク足はこれから下降に転じるのではないかと見て取ることができますし、ローソク足は、いつ売買したら良いかを判断するのに役立ちます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:七海
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ehseiipioertcl/index1_0.rdf