不動産を買うとき-中古マンションの消費税

May 22 [Wed], 2013, 9:59
マンションを購入した場合、不動産取得税や印紙税、登録免許税、といった税金がかかる。


さらに、実際には消費税がかかることになる。


不動産の消費税は土地部分にはかからず、建物部分にだけかかることになる。


消費税の増税が決まり、マンションの消費税も当然上がると言うことになる。


たとえば建物価格2000万円のマンションだと現在は5%の100万円から、8%になると160万円に上がることになる。


当然、過去に需要があるわけで、そのため、消費税が上がったとはマンション自体の価格が下がるのではと言う予測もある。


そんなときに、覚えておきたいのは中古マンションの消費税である。




中古マンションを購入した場合、不動産に関わる不動産取得税などの税金は当然かかってくる。


しかし、個人からの購入に関しては消費税はかからない。


駆け込みで買わなくても、焦ることなくじっくりと選んで買うことができる。


ただ、新築マンションでも発売から時間がたち中古マンションとして売られているものも見かけるが、その際は販売が個人ではないこともあるので、注意が必要である。


また、中古マンションを買ってリフォームをすると、リフォームにかかる費用には消費税がかかる。


その際には、やはり増税の影響を受けることになる。