ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインターと津田にゃん

March 07 [Mon], 2016, 16:31
産業看護師とは、企業に勤務する看護師のことを指します。看護師といったら病院、クリニックの印象が強いですが、医務室を置く会社もあり、そこで仕事をしている人もいます。仕事の中身、役割といったことは働く会社によって異なりますが、従業員の健康を守って、管理していくのはどの企業でも行う仕事と思ってください。看護師の国家試験に合格することよりも、看護学校を無事に卒業することの方が難しいと思う人も多いといわれています。看護学校は大変厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年が決まってしまうようです。それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験も合格できた人には、できれば、看護師の職についてもらいたいですね。全国において、看護師の年収は平均437万円程度です。ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。公務員看護師は給料が上がる率も民間病院よりも高く、福利厚生の点も充実しています。準看護師の場合ですと、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。昨今は高齢化社会が進み、看護師は福祉施設でも需要が拡大してきているのです。また、大手の会社になると看護師が医務室などにもいて、健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアを実施しております。こういったケースは、社員としてその会社や企業に入社することもありえるでしょう。看護師となるための国家試験は、1年に1回あります。看護師の人数の不足が深刻になっているわが国にとっては良いことに、直近数年において看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を推移しています。看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をパスできればパスできる試験です。産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健について指導したり、うつ病防止のメンタルケアも行います。産業看護師の場合は求人が一般に公開されていないため、ハローワークなどで見つけるのは難しいでしょう。興味を持たれた方は看護師専用の転職HPを利用してください。看護士転職サイトには、産業看護師の求人なども掲載されることが多いです。看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長時間勤務となっていて、勤務中でも仮眠をとることが可能です。月に8回までと国の指針では定められていますが、それを超えることが多いのが現状です。勤めている病院の勤務シフトによっては、規則的な生活を送れなくなったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、長続きしない看護師が多い理由の一部かもしれません。看護士になりたい理由は本当にどんなことをきっかけにして看護師を目指すことになったのかを交えるようにすると、イメージが良くなるものです。転職の理由は今までに身につけたスキルを活かしたいさらに人の役に立つスキルを習得したいなど、ポジティブな印象を与えられるようにしましょう。以前の職場への批判などは言わないようにしてください。看護師の勤務の形態は、他の職業に比べて特殊であり、就職先によっても違います。仕事場においては一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっているという勤務先も多いものです。2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、かなり3交代制の病院が多いですね。でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方が人気があります。看護士の求人情報は何件もありますが、希望に沿う条件での求人があるとは言えません。看護師の資格を所持している方で就職できればいいと思う方は少ないでしょう。できることなら、給料が高くて職場環境も良くて、夜勤がないところに勤めたいと大抵の方が思っているでしょう。理想的な転職先で働くためには、しっかり情報を集めることが重要でしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠真
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ehrou2l6tducc2/index1_0.rdf