米国食品医薬品局 ESGに対応した電子署名(S/MIME)用証明書を発売(GMOグローバルサイン) / 2010年03月30日(火)
GMOグローバルサイン株式会社は3月25日、米国食品医薬品局(FDA:U.S. Food and Drug Administration)の電子申請に必須となるクライアント証明書「電子署名(S/MIME)用証明書」を同日より提供開始したと発表した。FDAの承認申請では、FDA ESG(Electronic Submission Gateway)というアプリケーションが使用されており、申請する際にはクライアント証明書を用いた電子署名および暗号化が義務付けられている。

「電子署名(S/MIME)用証明書」は、FDA ESGの署名・暗号化検証の際にも利用されており、FDAが推奨する有効期間3年の証明書を発行できる唯一の認証局が発行する電子署名用の証明書を取得できるクライアント証明書発行サービス。これにより、従来は米国の認証局に対し英語で行わなければならなかった申請、支払、認証審査、テクニカルサーポートといったプロセスを、すべて日本国内で実施することが可能となる。価格は、有効期限1年が54,600円、2年が103,740円、3年が147,420円となっている(すべて税込)。


【関連リンク】
FDA(米国食品医薬品局)電子申請に利用可能なクライアント証明書「電子署名(S/MIME)用証明書」の提供を開始 3月29日12時56分配信 Scan
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00000002-vgb-secu
 
   
Posted at 02:22/ この記事のURL
密着! 佐藤琢磨inインディ(7)第2戦「レース延期はセッティングを見直すいいチャンス」 / 2010年03月30日(火)
 IRLインディカー・シリーズ第2戦セントピーターズバーグの決勝レースは風雨のため順延となったが、KVレーシングの佐藤琢磨は「僕がインディカーに来てからずっと雨です」と笑いつつも、「レース延期はセッティングを見直すいいチャンス」と前向きに捉えている。

[オートスポーツweb 2010年3月29日] 3月29日22時27分配信 オートスポーツweb
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00000004-rcg-moto
 
   
Posted at 02:21/ この記事のURL
<自転車>盛はロンドン五輪を目指すオムニアムで大苦戦 / 2010年03月30日(火)
 3月24日にデンマークのコペンハーゲンで開幕したトラック世界選手権は、大会5日目・最終日となる28日にオムニアムが行われ、今大会のスクラッチで銅メダルを獲得した盛一大(もりかずひろ=愛三工業)は出場したものの18人中の18位に終わった。
 オムニアムは、1日で5種目をこなす複合競技。ロンドンオリンピックから正式種目として採用されることになり、盛はこの種目での五輪出場枠を目指している。五輪では2日間で6種目をこなす過酷な競技となり、短距離種目もあることから、盛にとっては課題の残る成績だった。

●男子オムニアム
18 盛一大(愛三工業)   

200mTT 15位
スクラッチ 12位
3km個人追抜 18位
ポイントレース 11位
1kmTT 18位
<合計順位 74>

【3月29日20時48分配信 サイクルスタイル・ドットネット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00000004-cyc-spo
 
   
Posted at 02:20/ この記事のURL
“封印騒動”タン・ウェイがやっと復帰、「富豪は不要」発言はツィイーへの対抗?―中国 / 2010年03月30日(火)
2010年3月27日、映画「月満軒尼詩」の上映会が広東省深セン市で行われ、主演のタン・ウェイ(湯唯)が出席した。新華網が伝えた。

アン・リー(李安)監督「ラスト、コーション」のヒロイン役で一躍国際スターの座をつかんだタン・ウェイ。しかし映画の過激な性描写や、歴史背景が原因とされる中国メディアからの“封印”被害者となり、約2年間も露出を制限されていた。

【その他の写真】

そのタン・ウェイが、ラブコメディー映画「月満軒尼詩」で完全復帰。この日の上映会は、“封印”解除後、初めて中国国内で行われたため、メディアが殺到する大混乱の様子を見せた。

事前にメディアへの通達もあり、“封印”については一切語らなかったタン・ウェイだが、映画で演じた気持ちの強いヒロイン像を引き合いに出し、「つらい境遇の中でこそ、強さが培われると思う」と低迷期の自分の心境を指すように告白している。

お金に欲を見せない映画のヒロインについて、「私も母から、他人と金銭の貸し借りはいけない、女性も仕事を持ち金銭面で自立しないといけない、と教えられた」と話すタン・ウェイ。ちょうど一方の国際派スター、チャン・ツィイーが富豪との不倫スキャンダルに揺れていることから、中国メディアでは2人のカネにまつわる対比ぶりを好奇心の目で伝えている。(翻訳・編集/Mathilda)

【3月29日22時47分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00000030-rcdc-ent
 
   
Posted at 02:19/ この記事のURL
塚本晋也の新たな『鉄男』が北米上陸! 真田広之と共にアメリカでの栄誉の喜び語る / 2010年03月30日(火)
塚本晋也監督の最新作『鉄男 THE BULLET MAN』がついに北米に上陸! 第1回グリーンプラネット・フィルム・アワードにて、アメリカ映画以外で2010年に最も期待される映画に贈られる「MOST ANTICIPATED INTERNATIONAL FILM of 2010:ACTION FILM」を授与され、4月にニューヨークで開催される第9回トライベッカ映画祭への出品決定も発表された。

【関連写真】この記事のほかの写真


グリーンプラネット・フィルム・アワードは2009年度に各国の映画祭および映画賞で脚光を浴び、既に世界的な話題を巻き起こした2010年公開作へ贈られる賞で、スティーヴン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカス、マーティン・スコセッシ、オリバー・ストーンを含む7人の選出委員会が協議の上で選出、ちなみに「MOST ANTICIPATED FILM of 2010」(アメリカ映画で最も期待される作品)は『シャッター アイランド』が受賞した。

授賞式に参加した塚本監督は「この映画は、流行の3DもCGもほとんど使っておらず、昔ながらのアナログの方法で撮影しました。CGでは出せない本物の迫力が出せたと思っており、本物の鉄の男が大暴れします。『アバター』とは対極のアナログ映画ですが、体が受けるインパクトは 同じだと観た人には言われます。上映時間は『アバター』の3分の1ですが、観た後の疲労度は『アバター』の3倍は間違いなくあります。どうかみなさん、期待して、体感してください」と挨拶した。

『鉄男 THE BULLET MAN』は、20年前に世界に衝撃を与えた塚本監督の代表作『鉄男』を、リメイクとも続編とも違った形で、新たに描いた作品。昨年のヴェネチア国際映画祭でコンペティション部門に出品されるなど、すでに各国の映画祭で大きな話題を呼んでいる。

また、この日の授賞式典のもう一つの趣旨となっていたのが「黒澤明生誕100年トリビュート」。塚本監督は「ポスト・アキラ・クロサワ」と紹介され、多くのアメリカの報道陣が訪れる中、黒澤作品への熱い思いを語った。

さらに会見では、『鉄男 THE BULLET MAN』が第9回トライベッカ映画祭に出品されることも発表されたが、ロバート・デ・ニーロが創設した映画祭とあって、塚本監督は「デ・ニーロさんが観て、何を感じるかを確認したい」と期待を口にした。

また、アジア人俳優に贈られる「MOST OUTSTANDING ASIANS in HOLLYWOOD(ハリウッドで最も活躍しているアジア俳優)」を真田広之が受賞。チョウ・ユンファ、ジェット・リー、チャン・ツィイー、コン・リー、渡辺謙といった錚々たる顔ぶれを抑え見事、栄誉を手にした真田さんは「自分の功績が、後に続く若い人たちのためになればと思いやってきました。この賞をもらって今後10年頑張れます」と誇らしげに語った。

『鉄男 THE BULLET MAN』は5月22日(土)より全国にて公開。

なお公開に先駆けて、「塚本大図鑑−SHINYA TSUKAMOTO FILM FESTIVAL 2010」と題して、5月8日(土)から5月21日(金)の2週間にわたり、シアターN渋谷にて塚本監督の過去の全作品の特集上映も開催される。

「塚本大図鑑−SHINYA TSUKAMOTO FILM FESTIVAL 2010」
http://www.theater-n.com/movie_tsukamoto.html


【関連作品情報】
鉄男 THE BULLET MAN
 2010年5月22日より全国にて公開
 © TETSUO GROUP 2009


【関連ニュース記事】
マット・デイモン、主演するソダーバーグ監督の新作を携えてヴェネチア映画祭に登場!
塚本晋也、深夜のヴェネチアを興奮の渦に「レッドカーペット歩けるのはすごいこと」
塚本晋也最新作、ヴェネチア国際映画祭出品決定 初コンペ出品の快挙!
世界のツカモト、全篇英語で挑んだ21世紀版『鉄男』で“全世界同時”会見 3月29日21時25分配信 cinemacafe.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00000007-cine-movi
 
   
Posted at 02:17/ この記事のURL
神戸製鋼が2010年3月期通期連結業績予想の上方修正を発表 / 2010年03月30日(火)
 神戸製鋼所 <5406> は本日16時30分、2010年3月期通期連結業績予想の上方修正を発表した。売上高は従来予想の1兆6750億円を据え置いたが、営業利益を同350億円から430億円へ、経常損益を同50億円の赤字から50億円の黒字へ、当期純損益を同220億円の赤字から30億円の赤字へ、それぞれ引き上げた。

 会社側は修正の理由として、前回公表の業績予想と比較して、各事業における販売数量が概ね想定並みとなる見通しだが、総コスト削減が想定を上回る見通しとなったことから、通期の業績予想を修正したと説明している。

 本日の株価は2円高の196円で取引を終了。鉄鋼株については、ブラジルの資源大手ヴァーレが2010年度の鉄鉱石の価格交渉を巡り、日本の鉄鋼各社に09年度と比べて90%以上の値上げを提示したと3月11日付けの大手経済紙が伝えるなど値上げ機運が高まっており、今後の動向が注目されそうだ。(編集担当:山田一)

【3月29日23時38分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00000102-scn-biz
 
   
Posted at 02:16/ この記事のURL
田母神氏「日本、技術力で復活できる」 / 2010年03月30日(火)
 米ニューヨークを訪問中の前航空幕僚長、田母神俊雄氏は26日夜(日本時間27日)、現地で講演し、「主張する保守政党を立ち上げて、伝統文化を守らないと日本は駄目になる」と述べた。田母神氏は2月に保守系政治家らと全国組織「頑張れ日本!全国行動委員会」を立ち上げており、今夏の参院選での新党結成に期待が高まりそうだ。

 講演は現地の邦人経営者らの主催で、田母神氏は約1時間30分にわたり歴史観や国家観を語った。この中で日本経済については「グローバル・スタンダード(世界標準)という名の下で日本型システムが壊され、株主重視のアメリカ型経営が浸透し格差社会につながった」と分析。ただ「日本の技術力は依然高い。政治が世界に自己主張すれば復活できる」と強調した。

 子ども手当などを政権公約とした鳩山政権については、「国民の自立心をそいでいる」と指摘。「一時的には公共投資などで経済規模を拡大する努力をしなければいけない」と、「コンクリートから人へ」を掲げる同政権の経済政策を批判した。(ニューヨーク 会田聡)

【3月29日8時16分配信 フジサンケイ ビジネスアイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100328-00000004-fsi-bus_all
 
   
Posted at 02:15/ この記事のURL
<ある行政書士の視点>「プライバシーとは何ですか?」真の国際的相互理解を思う / 2010年03月30日(火)
「privacy(プライバシー)」を日本語に訳せと言われたら、皆さんは何と答えるだろう?「私生活に干渉されない権利」「私的自由」「個人情報の保護」など、答えはいろいろあるだろうが、いずれにもそれほど違和感を覚えることはないだろう。ところが先日、私が出会った答えは、思いがけないものだった。

私は主に外国の人を対象に行政書士の仕事をしている。ビザ申請から帰化申請、様々な契約書や会社の設立にいたるまで、相談の内容は実に多岐に亘る。

【その他の写真】

その日の相談者は中国の出身、来日してまだ1年足らずだが、日本語能力検定1級に合格した実績を持ち、日本語には自信を持っていた。しかし、会話がなかなか成り立たない。「私が担当者と“面会”しますから、ご安心ください。」「えっ、何ですか、“メンカ”???」「いや、私が担当の人と会って、話をしますから。」こんな調子で話が一向に前に進まないのである。

「事務所のアシスタントの女性に通訳してもらいましょう」と持ちかけるのだが、日本語能力検定1級というプライドが許さない。こちらも、“まあ頑張っているし、彼の日本語を磨く実践の場だから”と思い、何とか通訳なしで続けることにする。が、すぐにまた行き詰まる。「通訳は?」「大丈夫です」そんな会話を何度か繰り返す。しかし、とうとう壁にぶち当たった。それが、「プライバシー」という言葉だった。

ある省庁に対し、彼の個人情報の開示請求を行わなければならない局面があった。これは、私たち行政書士などが代理して手続を行うことはできない。もちろん、手続の進め方など助言はするし、相談にも乗る、ただし、請求自体は自分で行わなければならない。本人の「プライバシー」に深く関わるからである。ところが、この「プライバシー」という言葉がどうしても理解してもらえない。

「先生、カタカナは苦手なので、ここに入力してもらえませんか?」と、彼は電子辞書を差し出した。私は「プライバシー」と入力して戻した。変換ボタンを押した彼は、悩む必要などなかったという調子でこう言った、「なんだ、先生、『内密』のことですね」。

私はあ然とした。確かに英語のprivacyには「内密」という意味もある、しかし、私たち日本人が理解している「プライバシー」という言葉のニュアンスと、“内緒”とか“うちうち”を意味する「内密」という言葉には、ずいぶんズレがある。日本で言う「プライバシー」は、基本的人権の一つとして保障されなければならないもので、それほど大事なことだからこそ、行政書士などの第三者が代理して手続を行うことが許されていないのである。

ここにいたっては、もうドクターストップである。「重要なポイントなので、アシスタントの女性に通訳してもらいますね」。来日10年以上、経験豊かなアシスタントの話を聞き、彼もようやく納得してくれたようだ。「先生、分かりました。手続のやり方を教えてください。自分でやってみます」。

その後、アシスタントの女性はこう語った、「先生、そもそも中国にプライバシーという発想はあり得ません。私自身、中国にいた時には、プライバシーなんて考えたこともなかったんです」。

言葉というものはやはり文化であり、生活そのものだと改めて思う。日本と中国では、文化も考え方も受けてきた教育も、何もかも違う。だからこそ、教科書を読んで、文法を学び、単語を覚えただけでは、本当の意味での言葉は理解できないのだとつくづく思った。

アシスタントの女性も来日した当初は、プライバシー=内密だったのかもしれない。それが、10年の経験を重ね、日本の文化や生活を自分自身の目で見て、さらに「民主主義とは、自由主義とは何か?」ということを肌で感じて、自然と理解していったのであろう。今回、相談相手となった彼もこれから先、日本での経験を積んで日本という国を感じ、真の意味で理解してもらえれば、お互いに理解の輪が広がっていくだろう。それが、私たちの将来のためとなり、日本と中国の架け橋となって、「近くて遠い国」が本当の意味で近い国になるのではないだろうか。

行政書士は街の法律家、市民に最も近い法律家を標榜しているのであるが、私はそんな現場で仕事ができて、本当に幸せだ。(筆者/佐藤英明)

●佐藤英明
行政書士(東京都行政書士会所属)。佐藤行政書士事務所代表。ビザ申請や帰化申請、会社設立手続から契約書類等の各種法律文書の作成など外国人向けの様々な相談を受けている。主宰する事務所のウェブサイト「ビザ・バンク」は、日本語のほか中国語、韓国語でも運営している。

【3月29日22時36分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00000029-rcdc-cn
 
   
Posted at 02:14/ この記事のURL
箱根新道の通行止め解除、チェーン規制に / 2010年03月30日(火)
 雪のため29日午後4時45分から全線で通行止めとなっていた箱根新道は、30日午前0時に全線で通行止めが解除され、チェーン規制が行われている。

【3月30日0時45分配信 カナロコ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100330-00000001-kana-l14
 
   
Posted at 02:13/ この記事のURL
警察庁が「強い決意」表明 2ちゃんねる摘発できるのか / 2010年03月30日(火)
 2ちゃんねるの管理者が警察に摘発される可能性が出てきた。違法情報の削除に応じないケースの6割を2ちゃんが占めており、警察庁がほう助罪の適用に強い意欲を示したからだ。現在はシンガポールの企業が管理者とされているが、警察はどんな筋書きを描いているのか。

■違法情報の削除に応じないケースの6割も

 警察庁が3月18日に発表した09年の統計によると、わいせつ画像などの違法情報があるのにも関わらず、サイトが削除要請に応じなかったケースが、要請の約1割、2000件近くもあった。そして、そのうちの6割が、2ちゃんねるだったというのだ。

 報道によると、警察庁長官がこの日、違法情報が前年より2倍の3万件近くと過去最高に達したことなどから、削除に応じないサイト管理者への取り締まりを強化すると強い決意を示した。とすると、占める割合の大きい2ちゃんは、取り締まりの焦点になっても不思議ではない。

 ネット上の書き込みを巡っては、司法の見方が厳しくなっている。3月15日には、ラーメンチェーン店運営会社に対する書き込みを、最高裁が名誉毀損と認定した。ネットだからといって、信頼性が低いと受け取られるとは限らず、反論で名誉を回復できる保証もない、と断じたのだ。警察庁長官の「強い決意」は、こうした情勢を反映したものかもしれない。

■海外の管理者にも、国内法適用?

 とはいえ、サイト管理者の摘発については、ほう助罪の適用が容易ではないとも報じられている。これ以外には摘発の根拠になる法令が乏しく、違法性を認識していたかなどを立証するのが難しいというからだ。

 さらに、統計によると、サーバーなどが海外に設置されているケースが3割近くあり、それをどうクリアするのかも課題だ。

 2ちゃんねるの場合も、開設者のひろゆきこと西村博之氏が09年1月2日、自らのブログで、海外に譲渡したと明かした。2ちゃんのサイトには、パケットモンスター社が管理・運営していると英文で書かれている。別のドメイン管理情報サイトで調べると、同社の本拠地はシンガポールだ。譲渡の理由については、民事訴訟が煩わしくなったからとも言われているが、不明な部分が多い。

 日大の板倉宏名誉教授(刑法)は、海外での摘発は困難が多いとしながらも、国内犯として立件できる可能性を指摘する。

  「日本の中であったことですから、日本の刑法の適用が考えられます。シンガポールとの犯罪者引き渡し条約はありませんが、引き渡しを求めることができないわけではありません」

シンガポールの会社にもし実態がないとしても、関係者が国内で立件される可能性はありそうだ。


■3月27日10時12分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100327-00000000-jct-sci
 
   
Posted at 02:12/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!