金丸だけど谷本光

September 14 [Thu], 2017, 22:28
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保つとされています。
とすれば、普段のメンテナンス次第でかなり長い間保たせることができますが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの維持が難しくなってしまうと考えなければなりません。インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。


入院して手術することはまれです。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院して手術しなければならないケースもあります。そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。



自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院が必要になることもあるので、注意してください。

このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。年々利用者が増えてきたインプラント。


その施術とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。



入れ歯などの方法と比べると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。
インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の熟練の技が物を言うといわれています。それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。



検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。


保険がきけば治療を受ける方の数も増えるかもしれません。それでも保険適用外なのはインプラント治療と一口に言ってもブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。


インプラントを埋め込む手術前後の処置や、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、全ての治療を通した費用はかなりの額になります。
治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、しばらくの間、極力安静に過ごすのが無難です。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、負荷がかかる身体運動は控えることが望ましいです。血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。日頃から運動をしている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を確認しておきましょう。

インプラントならば、他の人工歯と比べても安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはインプラントにして良かった点の一つです。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほどしっかりした構造になっています。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。けれども歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。
標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うのが一般的です。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず約三千円とみれば良いでしょう。



普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいてください。最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。



この点は、歯科医の技量や、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずしもこうなるとは言えず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置をとっても痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。
歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせることが可能です。根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯以外ですと、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は決して看過できるものではありません。インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の成否を分けます。



組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。インプラント治療の成功を願うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙を決意してください。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アイリ
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる