モダンな流行生活9〜豪華客船の旅〜

2017年01月30日(月) 21時07分

現代は飛行機という便利な手段がありますが、
それ以前の大陸間の移動手段は船でした。
豪華な大型客船は、国力の象徴であることから、
各国で国をあげて建造しました。



あるぜんちな丸
特別室 [富士]居間
大阪商船




船旅は長期間に渡るため、航海中に客をあきさせないよう、
豪華な非日常空間を作り出し、
劇場公演やコンサートの観劇だけでなく、
参加型のイベントなどさまざまな工夫をしたそうです。



大正から昭和初期にかけて、
船旅は日本でも隆盛を極め、
造船技術の向上と共に国産の豪華客船が登場します。



大阪商船は大型客船を何艘も持つ大企業の一社で、
『あるぜんちな丸』は、三か月の航海で世界一周しました。
巨大な船体で、村野藤吾と
中村順平が分担して豪華な内装を設計しました。



特に特別室「富士」「桜」「鎌倉」「武士(さむらい)」は、
フランスやイギリスの外国様式を取り入れながら、
エッチンググラスなどで日本趣味的でモダンな装飾を施しました。
また、非日常の演出の一つとして、働くボーイも美男子を採用したとか。




第二次世界大戦を期に、日本の客船はほとんど失われましたが、
近年に入って、クルーズ客船が再び脚光を浴びるようになり、
船旅も身近なものに変わりつつあります。




次回も素敵な絵葉書を紹介します。
お楽しみに!






次回は2月の予定です
  • URL:http://yaplog.jp/ehagaki-roman/archive/121
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ehagaki-roman
読者になる
■絵葉書資料館では、明治後期から昭和の始めにかけて国内外で発行された絵葉書を、常設展示と定期的に行う企画展にてご覧頂けます。
19世紀末以降、私製絵葉書の使用が認められるようになり、世界各国で絵葉書文化の花が開きました。
当資料館では来館された皆様に、 絵葉書を通して、古き良き時代にタイムスリップして頂きたいと思っております。
2017年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ