ホテルいこいの説明・紹介

November 14 [Wed], 2012, 9:03
もし強く吸ひ出す事や、絞る事で血を出すと云ふ事がお前に分れば、お前はその傷からすべての毒を絞り出すことに成功したのだ。それからは、その傷だけならば大した事ではない。もつとまちがひのないやうにするには、出来るだけ早くその傷を、硝酸かアムモニアかのやうな腐蝕薬か、或は真赤に焼いた鉄かで灼く。焼灼と云ふ方法は、毒物を殺す効目があるのだ。それは痛い、と云ふ事は私も認める。が、誰でも一層悪くなるのを防ぐ為めには、それに従はなければならない。焼灼はお医者さんの仕事だ。真先きにやる予備手当は、毒が拡がらないやうにしばつて、傷を絞つて毒のはいつた血を出すこと、その毒を強く吸つて出してしまふ事で、それは自分で直接にやる仕事だ。それはみんな即刻にやらなければならない。それを長く放つておくと、もう取り返しのつかない事になる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:彗
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eh470m43/index1_0.rdf