ハート・オブ・ジ・エイリアン 

2012年04月27日(金) 17時02分
映像学科のオガワ君(仮名)とひっさびさに会う。半年ぶりくらいだろうか。
適当にラーメンを食べに行き、どうしてた、とか、貸してたDVDを返してもらったりする。以前「もういっそ借りたもの、返してもらうものを解決しちゃって関係を置いたほうが俺の精神に優しいのかもしれない」なんてことを言ったのに彼はまたCDとDVDを貸してくれたもんだから、ちょっと申し訳ない気分になった。

借りた内の1枚が卒業制作の映像作品が収録されたDVDである。で、観た。
正直言えばおもしろくない。「学生の作るものなんてこんなもんだ」と割り切ればそうなんだけど、いちいち「俺ならこうするのに」なんてことを考えてしまうのがものすごく失礼だし、それでサイテーな気分になる。何様のつもりだよ。
けれども以前から彼が話していたストーリーというかプロットが反映された作品ではあったため、そこは安心した。彼の作りたいものが作れたんだなと。なんて、こうして作品の質以外のところで評価するのも普段の哲学とか発言からして「どうなの」って気はするけどね。それは自分でもわかってる。
しかし30分の作品とはいえ、映画作るのって大変だなと思った。彼が今後こうして映像作品を作れる機会があるかどうかはわからないけど、ぜひ頑張ってほしいと思う(やっぱりなんだか上から目線でイヤになっちゃう)。

映画日記【バトルシップ】 

2012年04月27日(金) 17時01分
ようやく観てきました、バトルシップ。
なんだかすごく日本に花を持たせてくれる内容で、様々なところで日本人が活躍します。

ってか最初にやるサッカー大会の決勝戦が日本対アメリカで、日本を優勝させてくれるとは。
作戦決定にも日本の自衛官の提案をそのまま受け入れるとか、どんだけ日本にサービスしてくれるんですか、この映画。

でもそれ以外にも面白い所満載。
脇役誰一人として無駄にしない。

リハビリ中の軍人の活躍とか、天体観測台にいる天体マニアなお兄ちゃんとかみんな見せ場があってすごくいい。

特にいいのは退役軍人の人たちが展示用の戦艦を動かして最終決戦に向かうシーンかな。

あそこはマジでしびれた。
おじいちゃんたち格好良すぎる!

所々に入ってるコメディ的展開も鼻につかず、素直に楽しめました。
何も難しいこと考えず、観終わったあとはスッキリしてる映画って本当に久しぶりだったので劇場まで足を運んでよかった!

今のところ今年1番の作品かなー。
といってもこれ以外はアニメ映画しか見てないけどw

明日からテルマエ・ロマエが公開されるらしいので、次の1000円デーには見に行きたいです。

「タイタンの逆襲」 

2012年04月27日(金) 17時01分
いろんなサイトのレビュー見ると最悪なんだけど
私としてはけっこう楽しめたな〜

元々ギリシャ神話の世界が好きってこともあるけど
とにかく頭を使わずに映像に集中できるのがいい。

後半の戦闘シーンは ほとんどセリフもないしね。

ペガサスとかトロル(一つ目の巨人)とかキメラとか 
出てくるモンスターもなかなか魅力的だと思えたけど ダメなのかな

3Dは吹き替えしかなかったので 通常版で見たけど
それで十分のような気がする。

ストーリーは この世界を治めていたゼウスとその兄弟の父親であるクロノスが
自分を封印したゼウス兄弟を滅ぼそうと戦いを仕掛けてくるところに
ゼウスの息子たちや兄弟たちの 裏切りやらごたごたが混じって 
神々自身が滅びることになりかけているのを 
漁師として人間の暮らしをしていた半神ペルセウスが ゼウスの頼みにより救うと言う まあ 単純な話。

ギリシャ神話が好きな人なら そこそこおもしろいと思うんだけど
あまりにレビューがひどいので 私の感覚がおかしいのかもしれない

ただ この手の映画でいつも思うのは 神ってどこまでの力を持ってるんだろうってこと。
想像の産物なので どうとでもなるんだろうけど
全能の神 って言ったら もっとすごく強くてもいいような気がしたんだけどね
神って 何なの

まあ 日本の八百万の神みたいな神なら 強いも何もないだろうけど・・・

久々の石巻〜 

2012年04月27日(金) 16時59分
先月は引っ越しでバタバタしてたから、しばらく実家に帰れてなかった。母に「おかあさ〜ん、会いたいよ〜ぅ」と30過ぎても子供みたいに電話して、いまバスで向かい中。

2PMのライブまで1ヶ月をきり、まずはファンクラブ限定のバスタオルが届き、近々ジュノペンラも来る予定。ライブは大阪のチングと見るものの、行き帰りはひとりだから泊まりは高い。深夜バスは前回まさかの一睡もできないという辛さを味わったけど、口コミで知ったウィラーがいい感じ!

最終便は女性専用で乗り心地も良いみたいだからリベンジしてみるつもり。行きはグッズ購入もあるから新幹線で。これもチングから聞いたえきねっとで初購入。こんなに安くなるなんて!今まで損してたわー。

6月30日には映画公開。これは映画にするほどのものか…?と疑問を感じる。仙台で上映するから見に行くけどさ!クリアファイル付き前売り券の購入を映画館が会社と近い相方に依頼したら、後に人が並んでるなか、onedayのクリアファイル丸見えで丁寧に説明されて恥ずかしかったらしい。グッジョブ!!

あ、あとこの前念願のひとりカラオケした。最近お気に入りのspicaとダルシャーベットは入ってなかった。残念。2PMなかなか曲増えないねぇー。HOTとかangel歌いたいんですけどー。そして一番歌ってて気持ちいいのはスジュのバラード。熱唱だよね。最近ジュノを見ると好きすぎて苦しい…。明らかにいい男になってるんだもん。ハングル講座もワンダートリップも可愛くてしょうがないよ。

Get It While You Can  

2012年04月27日(金) 16時57分
本日、amazonから届きました

JANIS JOPLIN『Pearl Sessions』

この作品「PEARL」を初めて購入したのは
13歳の冬だったので
多分1978年〜1979年の頃
国内盤の中古レコード

あれから何枚この作品を買ったことやら

この作品の最後に収録されている曲が
「Get It While You Can」
邦題は「愛は生きてるうちに」

不慮の死で
この作品が遺作となってしまったため
ジャニスの生き様を考えると
このラスト曲は偶然にも非常に意味深

そんな彼女の生き様を映像化したのが
「ジャニス」という映画
昨夜、自宅にて当時劇場に観に行った時に購入したパンフ(冊子)を発見

その中に映画館の入場券の半券が

1990.6.18

あれから22年
自分は何かを手に入れる事はできたのかな