あいいろだけど中間

January 14 [Sun], 2018, 14:53
便通で悩む事って生きていれば必ず一度は体験したことのある方ばかりだと思います。


私も経験者の一人で、酷いと一週間便が出ないこともあります。



便秘に効果的な薬もありますが、私はアレが身体に合わないみたいなので、便秘改善に穏やかな効果を期待できるオリゴ糖を愛用しています。

穏やかに効いてくれるのがいいと思います。

子供のインフルエンザを防ぐための注射に受診しました。注射の瞬間は怖くて凝視できないのに、子供は6歳ながら、注射の針を凝視して注射を接種しています。

予防接種が完了した後は怖かったーと口にしていました。もっと怖いんじゃないかな?と想定しましたが、あまり話せませんでした。乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作るという点では共通ですが、ビフィズスは、さらに、酢酸などといった強い殺菌力のある成分も作る働きがあるのだそうです。

だから、ノロウィルス対策に有効だと言われているのでしょう。



このごろは、いろんな感染症についての話を聞くので、とにかく積極的に摂るといいと思います。

最近は毎年恒例のように冬になるとインフルエンザが大流行することが続いています。年を追うごとに予防注射をする人も増加していきていますが、都市部では結構な数の人数が感染しています。

いくつも感染経路は可能性がありますが、電車やタクシー、街での人込み、職場など、大人数と接触する時に感染しているのではないでしょうか。
最近、アトピーは乳酸菌の働きによって改善できることもあるといいます。アレルギーの原因物質は、腸内に進入することでIgEという抗体が出来る性質があります。しかしながら、このIgEという抗体が数多く作られすぎてしまうと、過剰反応が発生してしまって、アレルギー発生につながっていきます。これがアトピーの原因だとされているのですが、乳酸菌には、IgEが大量に生産されることを防ぐ働きがあるといわれています。便が出なくなると、体にとって不要なものが体の外に出ないため、口臭が発生します。



いくら食後に歯ブラシをし続けて、歯間ブラシ、マウスウォッシュを使用して口内のケアをしても、口臭は腸から胃を通過して不要なものを排出しようとし、口が臭い結果となるのです。この場合、便秘が治ると、口臭もあわせて改善されると言われています。
便秘にいい食べ物を毎食摂っています。
どういうものかといえば、バナナとヨーグルトでなんですね。ほんと毎朝摂っています。食べている間に、便秘が好転してきました。あのようにも頑固で、ひどかった便秘がなくなってコーラックなどの薬を飲む必要がなくなりました。


現在ではポッコリしていたお腹も、ひっこんできていて幸いです。1才から5才程度の年齢のお子さんがインフルエンザ感染し、高熱が出た後、急にけいれんや意識障害、または異常行動等の症状の現われるものがインフルエンザ脳症というものになります。

インフルエンザ脳症は、命にも関わってくる深刻な疾患であり、病気の回復した後に後遺症が残るケースもありうるのです。



結構、ヨーグルトは便秘解消効果があるといわれますが、私が経験したのは、大量に食べないと、大して、効果が感じられない気がします。
毎日1パックぐらいは食べて、お通じがようやくあるぐらいです。
ヨーグルトが大好きな人はいいですが、嫌な人もジャムで味を変えたりしてなるべく食べるようにするといいかもしれません。

身体に乳酸菌が良いことは事実でよく知られていますが、一方で効き目のない説もあります。これも本当かもしれません。

その理由は、それぞれ個人差がありますし、あくまでも乳酸菌は菌であって、すぐに効く薬ではないからです。
自分に合うものかどうか試してから考えましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:結翔
読者になる
2018年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる