クラウンローチの大原

August 02 [Tue], 2016, 11:24
特に女性の場合は、妊活中にお酒を飲むことがないよう言われるのが普通です。なぜならば、妊活中はいつでも妊娠している可能性があると考えて妊娠が分かっていない時期に、お酒が胎児に影響しないようにするためです。


それに、アルコールの作用の一つでホルモンバランスを乱したり、体を冷やす作用もあるため妊活中の女性にとっては注意すべきものであるためです。



あなたは「妊活」にどういうイメージを持っていますか?これは、命の神秘である妊娠というものをどうにか管理しようというものですから、必ずしも結果が表れるものとは言えません。
ですから、途中でやめてしまう方も多くいるのですが、これはとても残念なことです。成功の可能性は高くなっていますのでそう深く考えないで、焦らずに継続してみましょう。妊活中は日常の飲み物にも気を配る必要があります。
多くの方が疑問に思うのは、コーヒーを飲んでも良いかという事ではないでしょうか?体を冷やす成分であるカフェインを含んだコーヒーは、体の冷えを取り除く必要のある妊活ではあまり飲まない方が良いというのは、これまでも言われている通りです。ですが、これまでにコーヒーをよく飲んでおり飲まないとイライラしてしまうという場合は、出来るだけ体にストレスをかけないようにするためにも、1日に2、3杯のコーヒーを飲んだ方が健康的だと言えます。葉酸はいつ摂ればいいのかと言えば、まず妊娠初期です。
だとすれば、多く摂る期限はいつまでかとなりますが、授乳が終わるまで多めに摂取できればベストです。もしそこまで長く摂れないようであれば、少なくとも妊娠中期の終わりまでは多めの葉酸を摂り続けて欲しいと思います。葉酸は胎児の発育だけでなくお母さんにとっても重要な栄養素です。
欠乏による病気や不調を起こさないように常に気をつけるべきだからです。
もし、妊娠した時に葉酸をあまり意識して摂取していなかった場合、赤ちゃんの健康に影響は出るのでしょうか。



葉酸はただビタミンなので、普通に食事をしていてもある程度摂取することができますが、妊娠初期には特に赤ちゃんの脳や神経を形作るのにとても、重要な働きかけをしてくれる成分です。だから、妊娠中に葉酸を十分に補うことが重要なのです。



不妊治療そのものに違和感を感じるご夫妻もいるかもしれないのです。
また、不妊治療は特別に違和感がなかったとしても、不妊治療に不可欠な費用がネックになって始めることができなかったり、続けられないこともしばしばあります。
それが、タイミング治療の場合には、それほどコストがかかりませんが、人工授精や体外受精となれば、莫大な費用が必要となります。

妊活の最中は何を飲むかも気にした方がよいです。

カフェイン含有の飲み物の場合、受精卵が着床するのを妨害したり、体を冷やしてしまう恐れがあり妊活時の飲み物としては適していません。体を温めるお茶で、しかもノンカフェインのものをおすすめします。

例えばミネラルがたくさん入っているルイボスティーや漢方薬として使われることもあるたんぽぽ茶などが適しています。


妊娠初期に、特に大事な栄養素といえば葉酸です。どうしてかというと、胎児の脳や神経系が盛んに形成される時期に、葉酸が順調に発育するのを助ける役目を果たしているのです。葉酸が、何に豊富に含まれているのか全く見当がつかない、わかっていても毎日たくさん食べるのは難しいというプレッシャーを感じるなら、栄養補助食品や葉酸を強化した食品で、集中して摂ることもできます。

赤ちゃんとお母さんの健康を考えて、妊娠初期から積極的に葉酸を摂っていきましょう。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:太陽
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/egtutkhoomblta/index1_0.rdf