柴田の深川

May 07 [Sat], 2016, 11:33
妊娠に不可欠な栄養素として有名な「葉酸」は、色々な食品に含有していますが、水溶性ビタミンであるために、熱に弱いという側面を持っています。ですから、調理法に注意点がありますので、葉酸を食事から摂ろうと思っている方は、ぜひご一読ください。葉酸を出来るだけ失わないよう、加熱しない調理方法が一番おススメなのですが、加熱調理が避けられない場合には短時間の加熱で済ませられるようなメニューを選び、わずかな時間で済ませた方が、葉酸の流出が少なくて済みます。こうした調理や食事が負担だと考える方は、サプリを利用するのが手間がかからず良いと思います。葉酸は、適切な摂取によって胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げることが判明し、そうした目的から妊娠を希望する女性から妊娠初期の女性に摂取が勧められている成分ですよね。普段の食事で摂取できるならば良いのですが、体調が悪い時やつわりがある場合には、食べ物から摂るのも難しくなりますが、そんな時には、無理に食べ物から摂取せず、葉酸サプリ等を利用すれば理想的な量の葉酸を補給できますので、積極的に利用すると良いでしょう。葉酸は様々な食品に含まれている天然の栄養素です。青菜系の野菜に多く含まれている事が有名ですが、果物に限った話では、イチゴやライチに含有量が多いと一般的に言われています。または、アセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多く含まれています。元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。葉酸の摂取の負担を少なくしたいとお考えの場合は、ジュースで補給するのもおススメです。ホルモンのバランスを改善することで、妊娠しやすい体づくりを進めることが出来ます。ヨガはダイエットやスタイルキープのために行うと思っている方も多いかもしれませんが、妊活にも大変効果が高いのです。ヨガによって血行が良くなると、ストレスの解消にもつながります。さらに自律神経を正常に働かせる作用があるので、ホルモンバランスの改善につながるという訳ですね。インターネットを利用すれば簡単にヨガの動画が見られますので、自宅でも行えますし、軽い運動は代謝が上がりますし、柔軟な体を作ってくれます。ですから、こころとからだのバランスを整えると言われていますので、ぜひ実践してみてください。妊娠に大切な葉酸は国民の健康に関する業務を管轄している厚生労働省が適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿などに混じって排出されています。ですから、人体に留まって蓄積するという事はありません。ということは、葉酸不足を避けるために、推奨される量以上の葉酸を摂っても平気なのでしょうか。実際には、そういう訳では無く、葉酸を過剰に摂取すると副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」はとても関わり合いの深いものですよね。なぜかと言うと、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。言うまでもありませんが、妊娠中に限らず、妊活中の女性にも大切な栄養素であることは変わりありません。妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中には十分に葉酸を摂るようにするのが良いでしょう。皆さんご存知のように、妊娠中には葉酸以外にも様々な栄養素が不足しがちです。また、妊娠時には様々な栄養素が不足しますし、葉酸それだけの摂取では吸収率が悪くなってしまいます。サプリを飲むときには、妊婦にとって不可欠な栄養素である、ビタミンやミネラルなどが25種類前後入っているものを選べば適切に栄養素を補給することが出来るでしょう。こうしたサプリは妊娠しやすい体作りのためにも役立ちます。ですからいま、赤ちゃんが欲しいと妊活をされている場合も早めの摂取を心がけてください。赤ちゃんを授かって病院が行う栄養指導や、地域などで行われる母親学級に参加された方も多いのではないでしょうか。こうした機会に、葉酸が持つ働きと、葉酸を多く含んだ食品を学んだ方も多いと思います。レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。または、ほうれん草などの野菜も、葉酸を多く含んだ食品の一つです。食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が熱によって溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、食材を調理するようにしましょう。妊活中の話ですが、産み分けについてママ友から教えてもらい、本で詳細を知りました。長男を出産した後でしたので、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分け法を実践しました。その後、無事に妊娠し、性別が判明するまで緊張しましたが、産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。主人も待望の女の子という事で大喜びでした。葉酸は胎児の成長に寄与する重要な栄養素の一つで、普段の食事から摂取する以外にも葉酸サプリによって補給するのも問題ありません。では、実際に葉酸サプリを活用した場合、いつからいつまでが補給期間なのでしょうか。殆どの場合が、妊娠前から授乳期の終わりまでが、葉酸サプリによる補給期間に当てはまります。妊婦にとって、葉酸が一番必要となるのは、「妊娠初期の3ヶ月間」というのが有名です。しかし、母体の健康を維持するためにも必要不可欠な栄養素です。なので、妊活の時点から早めに葉酸サプリを活用して、授乳終了まで普段の食事とサプリによる葉酸摂取を続けるのが良いでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:テッペイ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる