夏雨初休む

August 07 [Fri], 2015, 16:53
空気の中に、淡い清涼。窓に寄りかかって眺めている、雲で、木の宇煥新、瞳の中でなく、すでに夏の既存の焦燥、反は一面の清楚な光景。久しぶりに雨かもしれないことから、今回出会い、心に多く少し好き滿足するも、多くいくらかの伸びやか。

雨は下ろして、1種の忘れて、も1種の釈放。心が風が好きで、静かにしゃがんで雨を見て、糸芳花軽い雨、雨に碧叶凝珠賞。見つめる時間が長くても、忘れていた苦悩と。起き上がり、舒怀を眺めて、雨は晴れて透明の空、心が改めて軽快。多くの時に、私達はロードすぎて、いつも執着の1段のない回転の過去を、自分自身をアイリスイン昔の等待で、知らない間に、今日の生活は、悲しみの思い出。

行は歳月の印で、誰かが泣いていないで渋苦悶の紅塵1涙?また誰が失落喧騒と寂しさの境に、やつれた、独酔って?人生は長い、感も多く、傷も多い。ずっと思って、傷の痛みは負けよ歳月のように、いつも雲のように風に。しかし、は1種の痛みは、コーヒーのような苦しい中;は一回無音の涙、が作り出す心田の慈雨。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:egorun
読者になる
2015年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる