なにこの 

November 06 [Mon], 2006, 23:30
罪悪感。
劣等感?

何かしたわけじゃないけど
何かしでかしてるような感じ。

圧迫されそう。

しがみつけ私。乗り越えろ私。

今日も逃げないでがんばったじゃん。

研究計画、頑張って考えたじゃん。

ママへ 

November 06 [Mon], 2006, 3:48
疲れたよ。
明日学校行くのめんどくさい。
やらなきゃいけない課題が終わってないから。

何がしたいんだか分からない。
なんで入ったんだっけ。
もっと先行研究してから入ればよかった。

なんか、罪悪感と劣等感を感じる。

でも別に、何も期待されていないと考えれば
気が楽になる。

能力に見合わない完ぺき主義がいけないんだー。

あと5時間しか寝れないし。
明日の研究会は休もう。

しかもCI論の課題プリントアウトできなかったらどうしよう。

誰かの修士論文読んで圧倒された。
あと3年半で、私にも同じようなのが書けるのだろうか。

落ち着いて。落ち着け。

私最近言葉足らずだ。
思考停止か?

とりあえず寝よう。
おやすみなさい。

ママへ 

November 03 [Fri], 2006, 23:09
ママは2002年5月5日に亡くなった。

それから4年半が経とうとしてる。

私はママにもう一度会いたい。
ママがいなくなってから頑張ったことと頑張らなかったことを
全部聞いてもらいたい。
それからうんと親孝行したい。

2002年5月5日、
ママは苦しそうに呼吸していた。
目は、どこも見ていなかった。
開いてたけど、もうどこも見えていないようだった。
あの時、私のこと、見えてた?
あの時、まだ意識はあったの?

棺に入ったママは、冷たくて固かった。
少しヒゲが伸びてた。
私が化粧を直してあげた。

あっけなく息を引き取って
燃やされて骨だけになってお墓に入った。

その日はきれいに晴れていて、私は次の日学校へ行った。

あれから4年半。
ママがいた時、私は不安を感じたことが無かった。
私の人生は良くなるばかりだと思ってた。
ママを失って、私は二度と、あの曇りの無い幸せを感じることは無い。
それでも私は生きていかなきゃならない。
しっかりしなきゃいけない。
独りよがりになってはいけない。

一生懸命何かを作ったり、勉強したり、働いたりすれば
幸せになれると思ってた。
そんなもの、本質的には何も役に立たないって、
大切な大切な人をいきなり失って思った。
だから、何かに一心不乱に打ち込むことができなくなった。
いっつも、何のため??って思ってしまう。

そうして私は自信を失っていった。

でも私は、この世の中で生きていかなきゃいけない。
誰かが、私に同情して一生面倒みてくれるわけじゃない。
納得いかなくても、世の中の体制を変えれるわけじゃない。
それに合わせて生きなきゃいけない。

だから、私は強くならなきゃいけない。
わがままばかり言ってちゃいけない。
誰かに甘えてばかりじゃいけない。

長いこと甘ったれてさぼったから、
私には私の価値を証明する実績が無い。
ママ、ごめんなさい。

私は何とかしてこの状況を切り抜けなきゃいけない。
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
recent comments
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:egoist0255
読者になる
Yapme!一覧
読者になる