若い議員が若者を否定するほどの教育格差

March 22 [Sat], 2014, 20:16
先日、自民党の武藤議員が安全保障関連法案の反対を訴える若者のデモに対して「利己主義」という表現を用いてTwitterで批判を行い、それへの反発があった後も発言を撤回しないと強硬姿勢を繰り広げた。


まだ30代の議員ですが、しっかりと安保法案について理解しているので見識があります。

本来なら、その若い視点から、今の若者が政治に対してどういう視点・意見を持っているかを量り取り、政治とのすり寄せをすることが出来、それを期待したい位置にいる議員であるが、若者の左翼化と法案にに対する無理解が生んだ痛ましい結果だ。


それが、なぜ若者たちがそのデモ行為に参加するに至ったかの過程を考える事もなく、その行為のみを見て批判するどころか馬鹿にする意味合いも込めた表現を用いたのは悲しいばかりだ。

意見に対する考えは曲げないにしても、その行動に至る過程まで否定する事は、「若い議員さえも若者を理解しようとしない」として、若者の政治離れを加速させる要因になってしまう。

これ以上、若者を政治から遠ざけ、高齢者とによる高齢者とのための政治を続けていては、国の中で高齢者と若者の亀裂が深まるばかりだ。

若者の求人における政策



国の政策は若者のためにならない、という基本姿勢が出来てしまえば、国の生産力の中軸になるべき若者が意識的に国のお荷物になる道を選ぶ文化が出来てしまうかもしれない。

アベノミクスでの金融緩和で儲けた富裕層は感謝しても、貧困に喘ぐ若者は大変だ。

若者に対する求人が少なければ、若者は品位が下がり左翼化し、共産主義への回顧がますます強くなる。

特に救急救命士という社会の安定と災害の救助を行う求人が共産主義では機能しない。

お金が無ければ、危ない仕事を誰も引き受けないから、救急救命士の求人に誰も寄り付かなくなる。


そういった可能性を予測できない若ものと議員の知識格差を生む今の政治環境は、ただただ口惜しいばかりである。

まずは、若者自身の教育現場ではエリートとDQNで進学する高校に違いが出る。

DQNは難しい日本語が分からないため、言語指導が出来ず、言語聴覚士の求人に応募しても、写真と履歴書ではねられる。

求人募集でさえ公平に行われていないのに、雇用創出という矛盾した国策など政治に出来るはずが無い。

尖閣諸島の買取




尖閣諸島は政府によって巨額のお金で買取させられている。

これは、尖閣諸島の買取価格を考えると非常に高額だが、尖閣諸島を買い取って石油を掘削できれば、非常に安い買取金額だ。

庶民はせいぜい、figmaでも買取してろと言った議員は、国民の怒りを買うことになり失脚するかもしれない。

しかし、財産の買取は転売すればお金になるのでぜひともやってほしい。

バトルダイアリーのBOSS 光のマカ

一週間後にはバトリダイアリーの世界で男性が求めているBOSSで光のマカというヤツがいる。 光のマカはダイヤを通販をすると倒せる言っても過言ではない。 そのときは、旬のマカを強引に売っているウェブがバトルダイアリーを元気にするマカを提供しなければならない義務があるように思える。

表情が無いコンテンツ

P R
http://yaplog.jp/ego-ld-ist/index1_0.rdf