内側の二重とは?二重まぶた(瞼)の構造の違い

January 22 [Fri], 2016, 12:34
内側の二重とは?二重まぶた(瞼)の構造の違い
二重目立たず一重に表示されることがあり内側の二重。眠く見えたり、二重のものでひたすら見えてしまったりすることもあります。本来の二重でなければなら内側の二重だが、ぱっちりした目にされている二重の違いはどのようなところにあるのでしょうか。
今回は、二重まぶた(瞼)の一種である内側の二重構造の内側の二重の悩みについて説明しています。
二重まぶた(瞼)の構造は、
まぶた(瞼)を開いたときに働いている筋肉は上部の瞼巨根言葉筋肉です。まぶた(瞼)が開かれるとき、筋肉がまぶた(瞼)を引くことによってまぶた(瞼)が開かれるのですが、この筋肉は一部に分岐してまぶた(瞼)の他の部分と接続します。
いくつかのまぶた(瞼)の目元を構成している部分に付いていて、別のいくつかは、目元よりまぶた(眼瞼)の皮膚に付いているか、という感じです。そして二重まぶた(瞼)は目元よりまぶた(眼瞼)の皮膚に付着されている上部の瞼巨根が、その部分の皮膚を引っ張って皮膚が内側に折り込まれて形成される。
逆に、一重まぶた(瞼)の場合は、目の端より上方の皮膚に筋肉がついていないか、または立ち寄り方法が弱いか皮下脂肪によって皮膚が折り込まにくくなっているので、二重のラインがけいせいされません。

内側の二重の悩み、構造

January 22 [Fri], 2016, 12:38
内側の二重であるために、二重でも一重に表示されることがありと悩ん自分の心とは違って表情がキツく見えてしまったり、意地悪に見えてしまったりという悩みを持っている人は少なくありません。
また、二重まぶた(眼瞼)皮膚の内側に隠れてしまうので、アイライン、アイシャドーをしてもメイクの部分が二重と一緒に皮膚の内側に隠れてしまいますメイク効果が消えてしまったりといって太いアイラインを引くと一重のように見えてしまったり、同じメイクをするときの難しさを経験している人もいます。
そもそも内側の二重とは何?その構造は?
二重には様々な種類があり、内側の二重その中の一種です。二重は大きく分けると平行型のイジュンワ末広型の二重内側二重にわけることができます。平行型の二重二重幅が一定の形の二重末広型の二重は目頭から二重のラインが肌の中に隠れてしまっているもの目尻に行くほど二重のラインは明らかに今年の二重です。
一方、これらの二重とは異なり、内側の二重二重の幅が非常に狭く、二重まぶたのラインが全体的にまぶた(眼瞼)肌の奥に隠れてみえなくなってしまった状態の二重のです。目で行って二重のラインが見えるかもしれないが、一見すると、一重のように見える可能性があります。
上部の瞼巨根がまぶた(瞼)皮膚に立ち寄って、その部分の皮膚が筋肉によって引っ張ら縮小されることにより、二重することができているのですが、人によっては、上記のまぶた巨根がまぶた(眼瞼)の皮膚接触位置は違うと思います。そのため、上部の瞼巨根によって縮小される皮膚部位、すなわち二重のラインがある部位も異なります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mey
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/eglpwbni4l/index1_0.rdf