パチスロ攻略 その1

May 22 [Wed], 2013, 5:13
朝 早く起きたので 早速ブログを書いてみます。

パチンコ、パチスロ攻略をネットで調べると

殆どがホルコン攻略というのが出てきます

他にセット打法販売会社なども未だに存続してるし、

現状の機種でノーマルなどは殆どセット打法なんかない筈ですし、

そのような方法が利くバグはないと思えます。

以前 

私も某〇〇企画で入会費15万 攻略法30万という

多額な出費をしましたが

初当たり打法と連チャン打法を何度試しても成果は得られませんでした。

高い授業料でした

以降 他、

ホルコン攻略5000円〜145000円までのホルコン攻略法

数学的方程式攻略があるかな?と勝手に思い込み

自分勝手で期待して6種類まで 買いました。

一番高いのがホルコン攻略の元祖と言われている〇〇大観の攻略法 

現在ではネット上で入手できる程度の低い情報でしたね 

メイン時間とサブ時間 ミニとかで大当たりとか連動とかね

ホルコン攻略で共通してるのが大当たりしない時の逃げ道的 

補足説明をつけている事

後 

もっと気にしなければならないのが攻略法を販売してる方達が

ホルコン操作経験を現実にしてないという事なんです。

ホルコンが当たり もしくば 出玉を操作してるのならば

必ず数値的思考の方が優先される筈なんですよね?

数値的思考といってもボーダー論とかではないですからね

コンピューター管理なら尚更 数値的思考がある筈と思っている訳です

でも 買った6種類のホルコン攻略 全て完全アナログ 

見た現象論を攻略法としてるから

矛盾です

コンピューター管理なら予想では数値的攻略ではないかと?

だってね 

各メーカースロット設定毎に割り数っていう平均値を基準にしてます。

後 認可おりるまでに 稼動に対して400%未満の出玉
 
55%未満の出玉を規定のゲーム数でテストするわけでしょ?

この未満というのがなんか癖モノの表記と思うのですがね

だって最低〇〇%以上の〇〇未満という表記でないから 

最低値がないから底無しとも伺えますしね

ホールに出たら変化するとて数字的思考が出来なければ

経営も見込みがしにくいです。

私も以前 営業という職種を経験してますが

行動 対話 説明などの数からお客様が購入した基本購入率などを

掛けた数値的見込み方程式がありました

大体 この方程式道理に結果が当てはまります

なのにホルコンというコンピューター管理攻略でありながら

数値的攻略が6点とも全て攻略法として説明されてませんでした。

このホルコン攻略思考の根拠が薄く

根っことなる基本攻略法では無いというのが結論かな?

ホルコン攻略というのは先入観を植えつけた思考だという事を

もっと早い段階で物事を見た現象を憶測判断してるという事に

もっと早く自分自身 気づくべきでした

くどいですが6種類 買ったが これも高い授業料でした。

それを考えるとネットで販売されてる

み〇さんの〇〇率という攻略法が気になりますが

ネット上ですけど色々調べてたらホルコン攻略と似てるとか?

買った人の書き込みがあったので

これも相当 怪しいので買うのはもうヤメです。

ホルコン攻略の収支も毎月 マイナスを増やすばかりでしたしね。

もう最近では

そのような事は排除して適当に空き台に座ってパチスロを打つのですが

もう感覚だけでうってます

それでもね 

適当に座った台でホルコン攻略の時より初当たり引けてるし

勝率は数日連勝という経験を出来るようになりました。

唯 座った台の履歴は打ちながらですが素直に吟味して考えます

他人が打った履歴の台です。 ましてや空いてる訳です

出ない台という可能性は十分に秘めてます(笑)

出る台なら前任者は打ち続けてる可能性が高い筈です。

前任者の履歴と現状の回転数から自分が途中からではあるが

初当たりを早く引く台なのかオカルト予想するんです

これが またヒット率 すごく高い 

良い方向へオカルト思考が出来だしてきてる証拠かな

オカルト思考と言っても 

それなりに 数字的に考えてるけどね

今日は ここまで

次回は、その2へ    

今回 読んだ人 また 来てね^^
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ビジター
読者になる
パチスロ 日記
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/egle-eye/index1_0.rdf