罰を与えることを止める 

December 05 [Thu], 2013, 10:33
変化が三年生と四年生に続いていくと、分かりやすくなってくる。ステイシーズになる生徒は、授業中に散漫になる。彼らはおしゃべりをし、まじめに勉強する子供たちに無理やり関わろうとし、注目が得られないと妨害しようとする。どんな理由があるにしても、彼らは、他の生徒以上に、学校でもっと愛と忍耐を求めている。しかし、教師を悩まし、他の生徒の注目を無理やりに引こうとし始めたとたん、教師や他の生徒からえたいと思っていたものが得られなくなる。すると、彼らは、規律違反というレッテルの貼られる行動を繰り返し、言われたことをすることに一層抵抗する。小学三年生、四年生、五年生は重要な時別である。世界から勉強、良い生徒を剥がし取ることを続ければ、将来、立派なステイシーズになる道をたどっていることになる。ステイシーズになる過程は、初期段階では比較的簡単に流れを変えることができる。「言われたことをしなければ罰を与える」学校で、多くの良い教師は、初期にこの抵抗を認めて、すぐに罰を与えることを止める。教師は彼らにもう少し自由にするようになる。
自動車はやっぱり凄いな

人生を拡大させる 

October 10 [Thu], 2013, 14:00
罰せられた子供はほとんど、罰を避けたり、抵抗したりすることに時間と努力を費やすことになる。この時間とエネルギーは、どうしたら自分の人生を拡大し、欲求を満たすことができるかを学ぶことに使えるはずである。罰せられた子供は、人生を縮小する傾向や責任回避に集中する傾向がある。子供は、自分の選択の自然な結果以上のことを経験させられるべきではない。例えば、息子が食事の時間にいつも遅れるとする。彼の食事は、冷たくなっているだろうし、残っていない物があるかもしれない。少し自分で作らなければならないかもしれない。しかし、食べることにさえ怠惰というのでなければ、空腹のままで何も食べさせないのはよくない。たとえ、罰が問題を解決すると信じていても、罰なしにやってみることだ。少しばかりの会話と導きがあれば、子供は自分で問題を解決することが分かってくる。子供は、親の解決を受け入れることもある。あなたが罰を与えることができるからではなく、子供があなたを信頼しているからです。この関係があれば問題はすぐに解決する可能性が高いです。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:やない
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる