マルティネスだけど裕(ゆたか)

August 20 [Sat], 2016, 21:15
働く場所がたくさんある専門職、それが介護士ですが、実際に求人が途切れるようなことはありません。

もし再就職をしたい、となってもそれは意外と簡単なはずですし、丁寧に探してみれば、自分の希望に沿う仕事先も、発見できるかもしれません。


近年においては、ウェブ上のサービスとして転職や求人を介護士に特化したサイトがたくさんありますから、そういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりして優良な職場を探してみてはいかがでしょうか。注射や採血は介護士が行う仕事の代表的なものです。



一般的に、注射が好きな人はそうそう多くいるとは思えませんが、どうしても打たれなければならないなら、痛くないよう、上手に打ってくれる介護士に注射してもらいたいですよね。

とは言っても、注射の技術は介護士の腕に左右されますから、痛みなく処置してくれる介護士もいれば、まだ慣れていない介護士に処置されて痛い思いをすることもよくあります。
たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、介護士のこれは多いです。ただ、それ程スムーズに、再就職ができるのか、できないのかというのは辞めた状況により変わってきます。多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、出産を機に辞めた、といったような場合だと、出戻りもしやすいはずです。こうした形で復職する介護士は、確実に増えています。


それから、正職員として夜勤もこなすという働き方が難しいため、パートとして出戻り就職をする人も少なくありません。介護施設では、介護士が一日中途切れないよう、交代制という形の勤務になりますが、そのため、申し送りというものが必要になります。



要するに業務報告なのですが、担当患者さんの状態についてや、追加されたり改められたりした諸々の伝達事項を勤務終わりの人が勤務始めの人に報告するというものです。


患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう行うようにしましょう。あまり時間をかけず、要領よくこなすということも大事なことになります。業界用語というものは、どこの業界にもあり、もちろん介護士の世界にも存在します。例えば、エッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。

食事のために休憩するということを働いている他の人にわかってもらう目的でどこでもよく通用します。ところで、エッセンという言葉ですがこれは、デタラメでも略語でもなく「食べる」のドイツ語です。
昔は、介護現場でドイツ語がよく使われており、それが今まで細々と生き残って今でも便利な言葉として、介護士の皆さんに使われています。



夜勤をこなす必要があって、介護士の仕事は勤務の形が少々不規則です。当然、休みはきちんともらえますけれど、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人はかなり多い、というのが問題となっています。
特に子供ができるとどんな時間であっても安全に子供を預けることができる施設なり、実家なりがないと夜勤業務などは、できなくなってしまいます。



しかし最近になって、子育てが済んだということでもう一度介護士として働くことを希望する人もじりじりと増えていっているようです。働く時間を、自分である程度調整でき、やりたい仕事を選んで働ける、等などが介護士という資格を、派遣という形の労働で生かすことを選んだことによる、なかなか得難い利点かもしれません。



仕事は、単発のものや短期のもの、長期の仕事もむろんあります。


なにしろ、都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、介護士として働きたいけどなかなか条件に合うものがない、という人には派遣という方法もある、ということを頭に入れつつ、仕事を探すと、選択肢がとても増えます。

年々志望者の増える介護士ですが、この職業につくためには、看護系の専門学校、短大、大学などで勉強することになります。

それから、その上で国家試験を受け、合格してやっと介護士になれます。



この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、在学中きちんと勉学に勤しんでいた学生にとっては、そう難度の高いものではないということです。
そして、介護士を育てる専門機関は看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、今日では、幅広く勉強できて、関連資格の取得もしやすい4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。
介護士の仕事は、病棟勤務と外来勤務で大きな違いがありますが、残業はあっても、日勤だけで済むのが外来勤務です。保育園や学童に子供を預けて働けるため、子供のいる人には良い環境です。
そしてまた、外来勤務では土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。夜勤もありません。勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは介護施設による訳ですが、人気の医師のところなどでは、大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかはどんな介護施設か、診療科はどこかによって、変わってきます。介護士がかぶっている、いわゆるナースキャップ。

あれは介護士を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。介護士にとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味を持つものなのではないでしょうか。けれども、近頃では徐々に介護士の制服も変わってきているのが現状で、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのは悲しい気もしますが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。



日々、介護士の激務に追われて働き続けていくと、大変な目にあったりもします。

そしてつい、楽な病棟はないか、などということを頭の中で検討していても、おかしなことではないでしょう。他と比べるとまあまあゆったりしていると考えられている病棟は、辛い残業がほとんどない、という点で眼科、精神科、皮膚科や整形外科あたりのようです。ところが、専門性の高さですとか、高度な治療が必要な重症患者さんの受け入れはしているのかによっても、あまり、のんびりはできなくなるかもしれません。介護士は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、子供がいる介護士にしてみれば大変な懸念事項となっています。子供の就学前であれば24時間いつでも預かってくれるような保育所を探したり、介護施設に託児室があるのなら、そちらを使うということもできます。それでも、小学生になると預け先がぐっと減ってしまうという問題が浮上します。
そのため、やむを得ずパートで勤務を続けるという介護士の方も相当数いると思われます。時に人命に関わることもある介護士という仕事は、大きなやり甲斐と意義を感じることができます。
しかしながら、逆に大きな苦労や困難もまた、ついてまわります。第一に、仕事の内容そのものの難度が高く、労働としてもきつい部類です。それから、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、何より介護現場という特殊な職場で、受けるストレスも相当のもので、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。
そんなお仕事だとわかっていながらも介護士を選択しようとしている人が多いという現状を見ると、デメリットに目をつぶることが可能なくらい意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。少し前までは、介護士というのは女性の職業と思われがちでしたが、昨今は少しずつ介護士を志す男性も増えてきています。実際の看護の現場では、患者を移動させる時や入浴介助等、力仕事も少なからずあるので男性介護士の存在は有難がられることも多いです。女性と年収に関しては同じですが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、その分、キャリアアップできる機会も多くなります。一般的に、介護士は離職率が高いです。


そのため、どうしても転職率も高い数値になります。
ですから、転職サイトによっては介護士のみに対象を絞ったものが多くあります。

このような転職サイトを活用すれば、手間なく希望通りの求人を探すことが出来るので、仕事に追われて時間のない介護士にはぴったりですね。複数の転職サイトをランク付けしているサイトがあるので、こちらも参考にしてみるのが良いでしょう。

皆さんは「介護士は給料を多くもらえている」という印象があるかもしれません。

内実は夜勤手当があることによって稼げる金額が多くなっているのが実情です。たとえばより高い給与を介護士の仕事で得たいのならば、職場選びの際、日勤だけではなくできるだけ夜勤帯のナースとしても活躍できるところにするといいですね。



当然ですが、夜勤の時間帯の勤務の有無によって給料の額は違ってきます。


そこそこ昔のことではあるものの、仕事としての介護士は、かなりハードな部類に入ると人々に捉えられていたようです。

でも、近年ではきついながらも、それに合った高額の給金を期待できるといった事実について、急激に周知されてきているようです。


イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。介護士の給料と言えば、女の人であっても、その稼ぎでもって、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。今更言わずと知れたことではありますが、確実に高給を得られる専門職なのです。
妊娠している可能性のある介護士には、特に気を付けてほしい事としてとにかく、放射線被曝には注意しなければいけません。


CTや放射線治療、エックス線撮影など、被曝の危険は介護施設には多いですから、油断は禁物です。



それから、薬についてですが身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、注意するべきでしょう。また、立ち仕事をはじめ、何かと忙しく無理をしやすい仕事なので、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。


それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。介護士というものは普通とはちょっと違う職業だと認識されていますが、他の仕事と同様に、労働組合がないとちゃんとした雇用条件で働けず、それが患者にとってもマイナスになる可能性だってあります。ストライキを起こそうにも介護士という仕事では難しいため、経営者サイドが考慮することが最も大切です。かつての介護士は看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の介護士がほとんどでした。


しかし最近の傾向は、介護士の名称が認知されていることからも分かるように、男性の介護士も多いです。
介護士に相応しい性格や能力をみても、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。
母性的な優しさだけでなく、現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、介護士にとって大事なポイントになっています。笑顔で辛い人を優しく支えるという点から、人気が高いと思われる介護士ですが、意外と未婚の人が多いようですね。


実際のところ、介護士の結婚年齢は両極端だという事が分かりました。
晩婚の理由として多いものは、日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、出世を第一にすることで結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。

新卒ですぐに勤めた介護施設では、そのハードさと人間関係に参ってしまって逃げるように辞職し、このまま介護士を辞めた方がいいのかもしれない、と一人で悶々と考え込んでしまいました。ずいぶん悩んだのですが、それでも自分には介護士しかないようなので、転職という選択をすることにしたのでした。



そう決めたまではいいのですが、履歴書をどう書けばいいのやら、悩みました。
ネットに頼ったり、本を買ってきて参考にしたりして試行錯誤を繰り返しながら、とにかくなんとか書けましたけど、自分はもう子供ではなく、人生に関わる大事なことは決断を自分で下して、責任を果たしていかなければ、と理解できて、いい勉強になったと思っています。働き方を色々と変えることも可能な介護士ですが、そのほとんどはやはり、介護施設で勤務しています。もちろん、その他のところでも、実は介護士がその資格を活かせる職場は多々ありまして、例えば、大きな企業内にある医務室、保育園の保健室、あるいは介護施設や市の保健センターなどになります。
こうした職場で介護士として腕を振るう人も増えていて、競争率の高いところもあるようです。

介護士はこんな風にやる気があれば、仕事する場は多いので、結婚や出産をした、子育てが終わったなど、ライフステージの変化に合わせるようにして転職し、仕事をしやすいようにすることも可能なのです。国外で助けを求めている人に、介護従事者として手助けしたいという思いを抱える介護士の人も少なくないでしょう。海外からも日本の介護を求める声が大きくなっていますから、介護士は常に求められているのです。
海外においては医師や患者と意思疎通をはかる上で、英語が必要になります。


海外の機関で介護士として働きたいと思うのであれば、積極的に英語を学ぶようにしましょう。
ハードさで知られる介護士の仕事です。そのため、心身に辛さを覚えることも多いかもしれません。



勤務形態も二交代だったり三交代制で、夜勤につくことになり、生活が不規則になってしまい、これを続けていることで調子を崩してしまっても、なんら不思議ではありません。

昼夜にわたる、大変な仕事によって疲れは身体から抜けることなく、慢性的な頭痛や腰痛などが発症し、身体に無理をさせているのかも、と感じる事になってしまうでしょう。介護士というものは勤務する時間がイレギュラーであることにプラスして過酷な労働環境だということも相まって、介護士以外の職業への転職を考える人もよくいるといいますが、実は介護士の資格というものは、違う職種の現場においても有益であるケースが多いのです。


例を挙げると、病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、未経験でも働きやすい職場といえば、保育関係やリラクゼーションサロンなどです。介護士の資格を取得するには一般的に看護大学に行く場合あるいは看護専門学校に行く場合の、二種類の方法があります。


二つの違いは、学ぶ内容にはあらわれてはいませんが大学に進むことの利点としては、キャリアアップがよりしやすいこと、給料の面で専門卒より優遇されるということです。それに対して、専門学校のいいところは何かというと、大学より安い学費で学べて、カリキュラムとして実習がメインであるので、すぐに戦力として使える人材になれることだと思います。

一般的に、介護士の休みは、本人が働いている介護機関で違っています。
その中でも、3交代制での勤務形態の場合、シフトに沿っての仕事になりますから、出勤や休日がカレンダー通りではないことも当たり前にあります。

一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、ご自身のスケジュールに合わせてシフトを組むことも可能ですので、その点をうまく利用して充実した休日にする人もいます。

少子高齢化が進んで、高齢者の数ばかり増えており、介護施設利用者も増加して、介護士もますます大変になっています。その労働環境は厳しく、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、過労死に至った介護士もいました。



夜勤はきついということで日勤だけの仕事にかえても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、介護士の需要はうなぎのぼりとなっており、介護士は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。
街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。


介護士の中でこちらに参加をする人というのは多くいます。



職場では女性が多数で、なかなか男性と関わる機会がなく、結婚したいと思っている介護士をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。街コンの場面でも、介護士は人気があります。



しかし、たとえ素敵な出会いがあったとしても、その後、勤務形態が不規則なせいで、上手くいくケースばかりではないのが現実です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ソウタ
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/egenhh6gre7ini/index1_0.rdf