インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか気になる

July 20 [Wed], 2016, 16:08
インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってください。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、痛みが落ち着くまでは、安静に生活を送ってください。日常生活には極端な制限はありませんが、明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらく行わないようにしましょう。傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。運動を習慣にしている方の場合は再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくと良いでしょう。最近よく耳にするインプラントは、何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根を骨に埋め込むことによって残った歯と同じような使用感があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費が高額になることは問題点です。混同されることの多いインプラントと差し歯。何が違うのでしょうか。まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。ですから、抜歯してしまって歯がない場合は利用することは不可能です。さて、そこでインプラントですが、これはあごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。治療後、一見した感じでは、ブリッジよりインプラントの方が優っていると考えられます。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的に治療をすすめていくので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。治療が終わったところで、重要なメンテナンスを定期的に行っていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。数々のインプラント治療の問題点について、皆さん、入念に調べたと思います。その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという問題はありませんでしたか。でも、気にしなくて良いです。MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。しかし、インプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査には問題ないのです。完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるのがインプラントです。しかし、制約もあるので覚えておきましょう。それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるという事実です。糠喜びにならないためにも知っておきましょう。インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう可能性は高いといえます。注意してください。入れ歯の装着に違和感があるという方、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって選択肢としてインプラント治療があります。外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつける治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を要求する方に向いています。インプラント治療はかなりの技術を要するので、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題が起きる可能性もあります。失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はよく考えて決めてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:美結
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/egeinaeniimftf/index1_0.rdf