水沢だけど戸井田

December 30 [Wed], 2015, 8:28
妊婦における葉酸の効果は皆さんご存知の通りですが、一番理想的な摂取方法は、やはり食事で摂る事です。
葉酸の含有量が多い食材は、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多く含まれています。
あるいは納豆や枝豆などの大豆製品、ホタテなどの貝類も該当します。
とはいえ、毎日の食事でこれらを欠かさず摂取するのが困難な方も多いと思います。
普段の生活や体調によっては無理をせずに、サプリメントなどの栄養補助食品の助けを借りるのも良いでしょう。
サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに摂取できますから、おススメです。
妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は大変密接に関わりあっています。
それはつまり、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。
この話はもちろん、妊活中の女性にとっても、最も重要な栄養素であることは間違いありません。
妊娠が分かった後、急いで今まで不足していた分の葉酸を摂取しようとても、あまり意味はありませんし、過剰摂取は禁物です。
そのため、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事をするのが良いでしょう。
妊活を実践している方にとって、ホルモンバランスを正常に整えるという事は重要な問題ですよね。
中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。
ヨガの深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果がありますし、乱れがちな自律神経を正常にするため、ホルモンバランスが整っていくのです。
妊活ヨガの動画はネットでも紹介されています。
ヨガ教室などに通わなくとも、ご自身の都合に合わせていつでも始められます。
軽く運動する事で、身体を柔らかくほぐし、代謝を上げることが出来ます。
これは、体と心のバランスを整え、健康に繋がるので、簡単に実践できる妊活のひとつだと言えます。
妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を普段の食生活で賄うために、葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーといった食品を、積極的に食べているという方も少なくないですよね。
しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。
ですから加熱調理してしまうと、大事な葉酸が失われてしまうこともあるんです。
総合的な摂取量としては足りていないかもしれません。
皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性が行うものだと考える方も居ますよね。
ですが、男性側が実践できる妊活もあるのです。
それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。
ご存知のように、流産や不妊に悩まれている場合、その原因となっているのは女性の問題ばかりでなく、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。
原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。
葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。
ですから、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠介
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ege1myhsobtien/index1_0.rdf